« キツネ号復活への道(始まり) | トップページ | 早朝ポタ »

2014.06.01

キツネ号復活への道(その2)

昨日ギアを換えてもらい久々に日の目を見たキツネ号ですが、長年の放置が祟りほぼ全ての回転軸にガタが出てました。
ウチには専用工具がないので本格的なメンテナンスはできませんが、自分でもチョット修理の真似事をしてみたくなり、前後ハブのグリスアップとフレーム磨きをしました。

しかし細部をマジマジと見ると直したい箇所山盛りです。

とりあえず、
 ・ブレーキパッド交換
 ・ダブルレバー調整
 ・BBのグリスアップ&ガタ取り (主治医に依頼?)
といった安全に関わるところから取りかかりたいと思ってます。

それから、
 ・シートポスト抜き取り
 ・各種ワイヤー交換
 ・サドル交換
 ・ペダル交換
 ・タイヤ交換
 ・ドロヨケ修理(or交換)
あたりも手を付けたいところ。

できれば、
 ・金属パーツ磨き
 ・フレームサビ取り&タッチアップ
などにも着手して当時の輝きを取り戻せたら最高です。

でもって
 ・前後ライト装備
 ・前後キャリア&バッグ装着
 ・トゥクリップもインフレーターもボトルゲージも装着
のランドナー本来の姿に仕上げて連泊キャンプ旅へ! v(^o^)v

・・・妄想が止まらなくなってしまいました。


こういうチマチマとした作業は大好きなんですが、没頭するとアッという間に時間が過ぎて気が付けば夕暮れ・・・みたいな感じになり、休日の日中にこんなこと始めると家族から不評の声が上がります。これ結構プレッシャーです。
それからマンション住まいのため作業スペース(=ベランダ)が狭く、汚れにも気を遣わないといけないので手間がかかります。作業を中断する場合は店を広げたまま放置する訳にもいかず、都度片付けと掃除しなきゃなりません。

メンドくさがりで移り気な私がこれらの困難を乗り越えられるかどうかがキツネ号完全復活のカギとなりそうです。

続編、乞うご期待!?

|

« キツネ号復活への道(始まり) | トップページ | 早朝ポタ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30524/59751908

この記事へのトラックバック一覧です: キツネ号復活への道(その2):

« キツネ号復活への道(始まり) | トップページ | 早朝ポタ »