« 祝!6000km | トップページ | キツネ号復活への道(その2) »

2014.05.31

キツネ号復活への道(始まり)

先日のシクロジャンブルで来場者のオールドスタイルの自転車を眺めながら、細くてスッキリしたクロモリフレームやキラキラと光り輝くシルバーパーツのカッコ良さを再認識しました。
で、ウチの年代物(ブリジストンユーラシア)も何とかしたいな~という思いが日に日に膨らみ、近所の中古自転車店へ行ってきました。
ダメモトで10年以上引き摺っている悩みの種を打ち明けてみると意外な回答が!

私 「ペダルに負荷をかけると後輪のギアが抜けるんです」
店長「ギアが磨り減ってるんですよ」
私 「チェーンも今まで多分一度も交換してないと思います」
店長「チェーンも伸びてるはずです」
私 「そんなに急がないんですけど直せそうですか?」
店長「店が狭いから預かれないけど15分で直せますよ」
私 「え?15分で? お願いします!」

などというやりとりの後、早速後輪ギア(ボスフリー5段)とチェーンを交換してもらいました。

Kitsune__rst1405311
手際よい作業で実質10分程度で交換完了

Kitsune__rst1405312
店先の坂道で早速試し漕ぎ

以前、他の自転車屋で旧規格(リアエンド幅120mm)のギアは入手困難だからもう引導を渡したら?みたいなことを言われたことがあったので、修理可能だとしてもそれなりの時間と費用がかかることを覚悟してたんですが、持ち込んだその場であっけなく直り、修理代も工賃込みで3500円と思いの外リーズナブルでした。

神様、仏様、店長様!
積年の悩みを解決して頂き感謝、感激です。
キツネ号の主治医として今後ともよろしくお願い致します。

|

« 祝!6000km | トップページ | キツネ号復活への道(その2) »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30524/59751516

この記事へのトラックバック一覧です: キツネ号復活への道(始まり):

« 祝!6000km | トップページ | キツネ号復活への道(その2) »