« 金沢出張 | トップページ | 箕面の滝 »

2012.11.08

授業参観のち肉離れ

昨日は昼から休みを取ってイモリの授業参観に行ってきました。
見させてもらったのは5時間目の算数の授業で、1桁+1桁の桁上がり足し算を教わってました。
イモリはモソモソしてましたが、まあ解ってはいるようです。

当日の授業後はこれにて終了ということで一緒に帰宅したのですが、しばらくすると同じクラスの友達が公園で遊ぼうと誘いに来ました。家庭外でのイモリの行動をあまり目にする機会がないので友達とはどんな感じで遊んでるのだろうかと気になり親がしゃしゃり出るのも何かと思いつつも野球やサッカー(のまねごと)に交ぜてもらうことにしました。
しかし小一ともなると活発な子はなかなか動きも激しくスタミナも無尽蔵で、こちらは途中から息も切れ切れ。適当なところで解散に持ち込みたかったのですがなかなかお許しが出ず、薄暗くなるまで走り回っていたところ、足が攣りそうな前触れの後「パシッ」という感覚と共に左ふくらはぎに激痛が走り、まともに歩けなくなってしまいました。

一晩経てば少しは痛みも治まるのではないかと多少楽観的に考えていたのですがそれどころか痛みは増すばかり。ひょっとしたらとてつもなくヤバイかも、と一転して急に悲観的精神状態に陥っていきました。

もしかして手術が必要なのでは?
 そして当分入院しなくてはならないとか?
  さらに退院後もリハビリ生活が続くのかも?
   最悪一生まともに歩けなくなったりして?

不安に耐えきれず勇気を振り絞って(?)病院へ出向き人生初の整形外科で見て貰うと筋肉が何本か切れたのではないかという診断で、いわゆる肉離れとのこと。しばらく安静にしていればそのうち治るそうで湿布を貰い松葉杖も借りてきました。
待ち時間約1時間、診察時間僅か2,3分の拍子抜けする結果でした。

肉離れは子供や老人はなりにくい症状で気持ちに体がついていけない我々世代に多いんだそうです。
診察で肉体的不安は解消しましたが、身体が自分の思い通りに動いてくれない年代になったのかと精神的ダメージが残りました。
かなりショックです。

|

« 金沢出張 | トップページ | 箕面の滝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30524/56180787

この記事へのトラックバック一覧です: 授業参観のち肉離れ:

« 金沢出張 | トップページ | 箕面の滝 »