« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の11件の記事

2012.06.30

ヒツジ号、修理難航!

ヒツジ号(ランブレット)の交換用リムをチェックしにいきました。
リムの色は電話で聞いた『茶色』ではなく灰色っぽい色でしたがどちらにしろやはり前後で色違いというのは頂けないので、探してもらっておいて申し訳ないのですが近所自転車屋さんからヒツジ号を引き取って購入した店で現状を見てもらうことにしました。

そこでもやはりスポークでの調整は不可でリム交換が必要と引導を渡されました。
タイヤもそれなりに磨り減ってたしチューブも普通は1,2年で交換するものだと諭されてこれらの交換の見積もりもお願いしてきました。
何だかんだでトータル数万円コースになりそうですが、今はただヒツジ号の復活を祈るばかりです。できれば少しでも安上がりに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.26

キツネ号、現役復活!

ヒツジ号(ランブレット)故障中につき久々にキツネ号(ユーラシア)で通勤です。

タイヤサイズ700×28c(ヒツジ号)と650×35A(キツネ号)の違い、ベアリング抵抗の違い、減速比の違い等々、見た目以上に色々異なる両者ですが、こんなに進まなかったっけ、キツネ号?
ダブルレバーの位置調整を誤って何度かチェーンを外し、恐ろしく効かないブレーキに肝を冷やしつつなんとか会社まで辿り着きました。

まあしかし2年近く放置していたのに空気と潤滑油の注入だけでちゃんと動いたことを褒めてあげなくては。
25歳のキツネ号、くたびれてますがまだまだ現役です。

Eurasia120626

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.25

ヒツジ号、リム在庫あり!でも・・・

自転車屋さんからヒツジ号のリム(RC-540/ARAYA製)が見つかったとの連絡がありました。
ただし色つき(茶色っぽい)! 交換工賃込みで約8000円。

前後で色違いというのはブサイクじゃないかと前輪も同色にした場合の値段も聞いてみましたが、在庫は1点限りでフロント用はないとのこと。
今度の休みに現物を見てから判断しようと思いますが、修理は難航しそうな予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.24

ヒツジ号、意外と重傷?

先日事故ったヒツジ号(ランブレット)を近所のバイク&自転車屋さんに見てもらったところ、歪みがひどくスポークの調整だけではフレを取るのは無理、リム交換が必要とのこと。
とりあえず自転車を預けて同じリムの在庫があるかどうかを確認してもらい、後日連絡をもらうことになりました。

30分、1000円程度で修理完了の予定が何だか大事になってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.21

ヒツジ号、事故る!

通勤時にヒツジ号(ランブレット)を痛めてしまいました。

坂を下っていたところ反対車線から軽トラが急に右折してきて、急ブレーキをかけたのですが雨上がりで路面が濡れていたこともあり止まりきれずに軽く接触しました。コケなかったし急いでいたのでその時は特に問題ないと思い注意を促してそのまま会社へ向かったのですが、しばらくして後輪がブレーキに擦っていることに気付きました。会社の駐輪場でよくよく見ると後輪のリムがかなり歪んでます。

とりあえずブレーキを出来る限り開放して帰宅しましたがこのままでは乗れないので早急に修理しなくてはなりません。フレ取りは以前何度かチャレンジしたのですがなかなかうまくできないのでプロに任せようかと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.17

ホタル

梅雨の合間に茨木の山へホタルを見に行ってきました。

薄暮から徐々にホタルの光が増え、8時半頃にはひと目で30匹ほど浮遊する姿が見られました。
例年ピークを過ぎてから出かけていたのですが今年は近年にない数のホタルが見られて満足です。

Hotaru1206171

Hotaru1206172

毎度撮影にチャレンジしますがなかなかうまく撮れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.14

金沢主張(日帰り)

半月振りの金沢です。
昼からちょこっと作業してきました。

Siocider
能登の地サイダー『しおサイダー』
海水塩入りだそうですが控えめで言われないと判りません。
ほぼビー玉入りビンのりラムネ味ですが、炎天下の屋外作業後のノドに心地よかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.06

金星の太陽面通過

先月の金環日食に続き、本日は太陽に金星が重なる珍しい現象を目撃できました。


Sunglass1
朝、自宅付近ではこれで観測しました。(自前)

Sunglass2
昼、会社ではこれで観測&撮影しました。(借り物)

Venus
‎2012/06/06 12:49 大阪府茨木市にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.04

鈴鹿サーキット

今日は土曜参観の振替休日、イモリは学校休みなのデ~ス!
だから(?)オトーサンも会社休みましたヨ~ン!

行き先は、
 1. イモリが遊べそうな
 2. 日帰り圏内の
 3. 休日は混んで思い切り遊べない遊園地で
 4. できれば安く上げたい
  →春の学校行事振替休日プランで入園パスポートが半額!
という条件を満たした鈴鹿サーキット(モートピア)へ行ってきました。

ところが行きは高速の降り口を間違えて東名阪の工事渋滞に巻き込まれて開門に出遅れ、条件4に釣られて押し寄せた人が予想外に多く待ち行列に阻まれ、さらに帰り道も間違えて本日2度目の東名阪渋滞に突っ込み、せっかくの平日メリットが生かせませんでした。あ~あ。

Suzukacircuit1
プッチグランプリ、惜しくも5位!

Suzukacircuit2
ラリーカー、コースアウトしまくり!

Suzukacircuit3
キッズバイク初挑戦!

Suzukacircuit4
カートもペダルに足が届いたよ!

でもイモリの喜ぶ顔を見られたから親バカも休んだ甲斐がありました。
3年生(身長130cm以上)になったらとカートにもひとりで乗れるようになるから、その頃にまた行こうね。
(今日は「鈴鹿の高校へ行ってF1レーサーになる!」と言ってたけど、日々心変わりするのでその頃もまだクルマ好きのままなのかちと疑問ですが)

PS. 今日はムルティプラ乗りになってちょうど1周年でもありました。

Mulpanel120604
現在の走行距離:37722km。ウチに来てから8255km増えました。
これからもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.03

ムルティプラ、ワイパーゴム交換!

少し前にフロントワイパーのゴムがちょっと切れてかかっているのを発見しました。
そろそろ換えようか? でも納車前にワイパー換えてもらったはずだし、それならまだ1年足らずなのでもう少しいけるかな? などと躊躇してる間に切れ目が10cmほどに拡大してしまい、さすがにマズイとワイパーの交換に踏み切りました。

Wiper120603old1
よく見ると切れた部分以外もヒビが入ってます。
前車(フェスティバミニワゴン)は3年はもったと思うんですが。


ブレードはまだ全く問題なさそうなのでとりあえずゴムだけ換えようとカー用品屋へ探しに行きましたが、同じ形状のものが見当たりません。ワイパーブレードを店の人に見せて色々試してもらい、結局以下の品に落ち着きました。

Wiper120603old2
旧ワイパーゴム(左右とも同じ)の形状
(メーカ/型番不明)

Wiper120603newr
新ワイパーゴム(右/運転席側:600mm)の形状
(BOSCH製VR-60A)

Wiper120603newl
新ワイパーゴム(左/助手席側:550mm)の形状
(NWB製SW5G)

左右でメーカも形も異なりますが、ウォッシャー液をかけて試し拭きしたところ拭き残しもなく動作もスムーズ。
これで安心して梅雨を迎えられそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.02

土曜参観

今日はイモリが通う小学校の参観日、ということで様子を見に行ってきました。

授業が始まる前に家を出ると、土曜日ということでお父さん、お母さん、未就学のお子ちゃまたち等々が学校を目指して大移動しており、まるでこれから運動会でも始まるような賑わいでした。

2時間目(図工)と3時間目(国語)が参観授業でしたがどちらとも整然と授業を受けており、発言する時も、
1.「ハイ!」と手を挙げて、
2.先生に「○○さん」と指されたら
3.「ハイ、△△です!」
と答えます。
入学から2ヶ月で当たり前のことを当たり前にできるようになっていることにちょっと感動しました。
(シャイなイモリはずっと黙ってたけど)

こどもたちは見た目リラックスした感じで普段通りっぽかったけど、実際はどうなんでしょう? 自分が参観される側だった頃の記憶はすっかり薄れて思い出せませんが、見る側は結構ドキドキしました。行く前からスーツか普段着か悩んだりして。
最近は普段なかなか学校へ入れないので、また機会があったら覗きに行きたいです。


そうそう、先生が児童の名前を呼ぶ時、男女とも「○○さん」と名字+さん付けなのでとても違和感がありました。この頃はどこの学校でもそうなんでしょうかね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »