« 2011年10月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の4件の記事

2012.02.27

韓国出張

急遽、韓国で仕事の打ち合わせをすることになり、2/24〜26に2泊3日で韓国へ行ってきました。
出張期間中の殆どが移動で、何もしていないのに疲れました。さらに何か身体に合わないモノを食してしまったのか、最終日の夜から丸2日生涯最大級の腹痛に襲われクタクタになりました。

Kankoku01
大韓航空の機内食(ランチ)

Kankoku02
ホテルの部屋から道路を見下ろす

Kankoku03
ここに地下7階、地上123階のビル(Lotte World Premium Tower)が建つそうです。

Kankoku04
焼肉屋にて。肉以外の付け合わせは全て無料(お代わりOK)だそうです。

Kankoku05
韓国の新幹線、KTX

Kankoku06
漢江(ハンガン)に沈む夕日

Kankoku07
帰国便よりソウル上空(多分) を臨む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.12

ムルティプラ、擦りました!

紺ムル号のおしりをショッピングセンターの駐車場でコスッてしまいました。大ショックです!!

Mul2402121
地肌まで削れた上、凹んでしまってます。嗚呼!

茫然自失状態でVitoさんに駆け込んで状態を見てもらうと、塗装で5万、へこみも直すと10万コースとのこと。痛い!痛すぎる!!

すると私の落胆した様子を見かねてか、もしくは同行した車好きイモリを気遣ってか「自分で直しましょ」とVitoさんがコンパウンドとタッチアップの塗料を持ってきてくれました。

Mul2402122
コンパウンドでキズをならして

Mul2402123
ペタペタとペンキを塗り重ねると

Mul2402124
遠目にはほとんど目立たなくなりました!

Vitoさん大感謝です。イモリも大喜びでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.04

城崎旅行記

城崎へ行ってきました。温泉&カニ三昧の大名旅行です。

Kino01
スタッドレスタイヤ代は食事に回したので雪道ではチェーン装着。

Kino02
昼は少し寄り道して出石そば。

Kino03
宿に到着。趣があってなかなかいい感じです。

Kino04
城崎温泉の宿泊者には翌日10時まで外湯入り放題のフリーパス券がもれなく付いてきます。

Kino05
外湯巡りその1:さとの湯
城崎温泉駅近くにあり露天風呂からは線路や円山川が見渡せます。

Kino051
外湯巡りその2:御所の湯
露天風呂から滝(人工ですが)を眺めることができます。

Kino07
お腹を空かせてさあ夕食。
冬の城崎といえば当然カニ!

Kino08
カニ、カニ、カニ!

Kino06
節分ということで海苔巻きのオマケ付き。

Kino09_2
満腹になったので腹ごなしに散歩へ。

Kino10
まずは射撃に挑戦。

Kino11
次は...
Kino12
スマートボール

Kino13
最後に外湯巡りその3:まんだら湯
露天はヒノキの桶風呂。城崎温泉は全般的にお湯が熱めですがここはとくに熱かったです。

Kino14
早朝6:30。早起きして今日も外湯巡り

Kino16
外湯巡りその4:一の湯(写真は前日に撮影したもの)
宿を出てから15秒で到着です。露天洞窟風呂はなかなかいい雰囲気。

Kino15
念願の一番札もゲット!
早起きしたかいがありました。

Kino17
土産用のカニを物色。・・・想定外の値段に少々尻込み。
(荒天続きで出漁できず、カニの値段が高騰しているとのこと)

Kino18
高所から城崎温泉街を望む(城崎温泉ロープウェイ大師山頂駅より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.01

謹賀新年

今さら何ですが、あけましておめでとうございます。

前回ブログ更新後からバタバタと忙しくなり、帰宅も日を跨いだりし始め、年明け早々には昨年夏以来となるアイオワへ2週間ちょっと出張して、ようやく一段落しました。

で、気が付けばはや2月。
今年も細々と発作的記録を綴っていきますので、よろしくお願いします。

_
アイオワの冬も日本と大差ないね~と油断していたら、

__2
ある日突然吹雪になりました。(宿より)

雪はサラサラ(吹雪)もしくはキラキラ(ダイヤモンドダスト)で積雪量はたいしたことありませんでしたが、気温は-20℃近くまで下がりました。外気に晒される皮膚は痛く、息を吸うと鼻毛が凍り、外出は15分が限度な感じです。
でもこれが例年並みのアイオワの冬らしいです。

Photo
低温ゆえ雪は奇麗な結晶のままいつまでも溶けません。

Photo_2
こんな中、終始宿と現場の往復に明け暮れた出張でした。
(灰色の扉の中で作業してました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年3月 »