« 屋久島再彷徨記(2日目) | トップページ | 屋久島再彷徨記(4日目) »

2009.07.29

屋久島再彷徨記(3日目)

目を覚ますと空は真っ青。居ても立ってもいられず、朝食前に港へウミガメウォッチングへ。残念ながら確認でませんでしたが、対岸に釣り人発見。今回の旅行には念のために釣り道具を持参しているため、早速河岸を移動して調査開始です。仕掛けは、カゴに撒き餌(アミエビ)、中通しの玉ウキを付け、食わせエサはオキアミやイカナゴでした。ミチイトが結構ゴツかったので聞くと6号を使っているとのこと。まだ大物を釣った訳でもないのに細い糸(2,3号ぐらいだったか?)を巻いたリールを持ってきたことを早くも後悔。

Anbo_fish
アミエビを撒くと熱帯魚チックな尺越えのカワハギ系(テングハギ?)、シマシマ系(ロクセンスズメダイ?)がワラワラと集結。チヌっぽいのやサヨリっぽいのもいました。魚影濃すぎです。

自宅から車で5分!
足場良し!広々とした釣り場を独占!
魚種、多種多様、大物爆釣必至!
・・・関西地方では絶対にあり得ないポイントです。

Anbo_fisherman
釣り師のおっちゃんは元々は島出身で数年前まで大阪の関目に住んでいたけど釣りが好きでUターンを決意したとのこと。今の時期は朝マズメからトッピーが出航する時刻(7:00)までの涼しい時間帯に毎日ここへ来ているとか。カンパチ、ムロアジ狙いで、この日も尺越えのムロアジをサクッと釣り上げて「今日のおかずが出来た」と去っていきました。羨ましい生活です。

宿に戻って朝食を頂き、さて今日は何をしようかと思案していると、宿のおっちゃんがチビちゃん向けの川遊びポイントへ連れて行ってくれることになりました。

Mizuasobi_1
幹線道路から脇道へ車で数分下り、さらに鬱蒼とした藪を少し歩くと、

Mizuasobi_2
そこは岩場の海。でも振り返ると小さな川があり冷たい水が流れてます。

Mizuasobi_3
天然の流れるプールにイモリ歓喜。水中には魚もいっぱい。

Mizuasobi_4
海辺から数十m遡ると滝と滝壺出現。カワセミも飛び交ってました。

Mizuasobi_5
近寄ると滝はなかなかの迫力。

こんな格好の子供の遊び場(大人だって大満足!)を貸し切りで独占してしまっていいんですか?!

川遊びに夢中になっているイモリ達を残し、途中、おっちゃんにジンガサ(貝)を採りを教えてもらいました。波打ち際の岩場に貼り付く様に点在するジンガサは、気付かれる前に棒状の道具(海岸に散乱する枯れ枝を適当な大きさに折って代用)で横からひと突きして岩から剥がすのが秘訣なのだと手本を示してもらい僕もやってみたのですが、これが結構難しいんです。突き加減が弱いと岩に密着して二度と剥がせなくなるし、強いと海の中へ転げ落ちてしまいます。小物はあちこちにいますが、大物(直径3cm以上)はなかなか見つからず、獲物を求めて岩場を渡り歩いていると時々波がザブンと押し寄せ、バランスを崩して海に落ちそうになります。しかし自らの手で食料を確保するというのは血が騒ぎます。すっかり夢中になってしまいました。

海・川・滝でのアクティブな水遊びを終え、午後は宿で昼寝。今日もいい一日でした。

Jingasa1
Jingasa2
夕食に上がったジンガサ(上:刺身と下:壺焼き)。美味!
採ったその場で殻から外し、海水で洗って食べるのも格別 !

|

« 屋久島再彷徨記(2日目) | トップページ | 屋久島再彷徨記(4日目) »

旅行・地域」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30524/45952419

この記事へのトラックバック一覧です: 屋久島再彷徨記(3日目):

« 屋久島再彷徨記(2日目) | トップページ | 屋久島再彷徨記(4日目) »