« 屋久島再彷徨記(初日) | トップページ | 屋久島再彷徨記(3日目) »

2009.07.28

屋久島再彷徨記(2日目)

夜半過ぎの土砂降りに何度か目を覚ましました。大雨の中、同宿の若いご夫婦は4時頃から縄文杉へ向けて強行出発の様子。道中の無事と本日の天候回復を祈りつつ、再び床へ。
明るくなり雨脚は多少弱まったものの、暗く怪しげな空模様。多雨で名高い屋久島ですからまあこんなもんでしょう。今日はレンタカーを借りてブラブラと島巡りです。

Kanoko_morning
宿の朝食。屋久島名産トビウオの干物付き。

Toroki_fall
島巡り一歩目はトローキの滝。
渓谷の水がいきなり海へとなだれ落ちてます。滝の落ち口が険しすぎて間近に寄れないのが残念。

Pontankan
ぽんたん館(物産館)で休憩。
たんかんジュースは濃厚でぽんかんジュースはあっさりめ。どちらも美味です。柑橘類は季節外れのため、加工品しかありませんでしたが、今の時期はマンゴーやパッションフルーツなんかが並んでました。

Parker
コンビニ(?)で謎の食料『パーカー』ゲット。(いわゆる『バーガー』です)

Senpiro_fall
次は千尋(せんぴろ)の滝。
巨大な花崗岩の一枚岩や遠くからでも身体を揺るがす轟音は迫力ありすぎで近寄り難いです。
千尋の滝到着直前までのスコールのような豪雨も止んだため、ここで昼食。

さらに西へと進み、平内海中温泉へ。ここは干潮時のみ入浴可能な岩場から湧き出る温泉です。幸い温泉は辛うじて水没していなかったので浸かってきました。

Hirauchi_spa1
看板の奥に露天温泉があります。入湯料(こころざし)は100円と格安ですが脱衣所なし、水着着用不可なので女性は入り辛いかも。

Hirauchi_spa2
湯船から手を伸ばせばそこはもう海。(最も海辺の湯船は既に水没してました)
ん~極楽、極楽。

Yakuzaru
平内から西はひと気もグッと少なく、道端にヤクザル君が出没しだします。

Ooko_fall
本日の折り返し地点、大川(おおこ)の滝。
水飛沫を浴びつつ滝壺間近から見上げる滝のスケールに圧倒されまくり。

Kurio
栗生の海辺を散策。屋久島南部の海岸は隆起珊瑚礁のタイドプール(潮だまり)が沢山あり、小さな魚や貝類、ヒトデ、ウニ、イソギンチャクなんかを見られます。

そうこうしている間に雲の切れ間から青空が。車での移動とはいえ雨上がりの青空はありがたいです。天からの祝福に感謝。

Mochomu
モッチョム岳の勇姿。いつかこの山にも登らねば。

Yakusima_spa
今日2度目の温泉。JRホテル屋久島の温泉は強アルカリ性でお肌スベスベ。岬の先端にあるため眺望も抜群です。

Umigame_point
本日の締め括りは安房港でのウミガメ探し。防波堤から数十m沖に息継ぎのために浮上したウミガメさん発見!

とまあ曇り時々豪雨のち時々晴れの屋久島2日目はなかなかの充実ぶりでした。雨の日やその翌日は川が増水してどの滝も一段と迫力を増すため、滝巡りがオススメです。

|

« 屋久島再彷徨記(初日) | トップページ | 屋久島再彷徨記(3日目) »

旅行・地域」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30524/45952412

この記事へのトラックバック一覧です: 屋久島再彷徨記(2日目):

« 屋久島再彷徨記(初日) | トップページ | 屋久島再彷徨記(3日目) »