« たんとうチューリップまつり | トップページ | パンク »

2009.04.22

夜は短し歩けよ乙女

『夜は短し歩けよ乙女』(森見登美彦著)、読了です。
他作同様、独特の不思議世界にのめり込みました。四季の移ろいの中、アクの強い登場人物たちが古都を神出鬼没に駆けめぐる無茶苦茶な話なんですが、文語体風のどこかで聞いたことのあるようなないような言い回しが心に沁み、いつしか『先輩』の終わりなき青春苦悩ループに巻き込まれ、『先輩』や『パンツ総番長』の不器用な言動に涙々です。
他の著作の早期文庫化を切望します。

|

« たんとうチューリップまつり | トップページ | パンク »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30524/44764567

この記事へのトラックバック一覧です: 夜は短し歩けよ乙女:

« たんとうチューリップまつり | トップページ | パンク »