« 豆まき | トップページ | 伊丹スカイパーク »

2008.02.04

プラネタリウムのふたご

寝る前に少しずつ読み進んでいた『プラネタリウムのふたご』(いしいしんじ著)、読了しました。
この著者、少し前に妹に貰った『ぶらんこ乗り』を読むまで知りませんでした。どちらも"ぶらんこ","サーカス"(ぶらんこ乗り),"プラネタリウム","手品"(プラネタリウムのふたご)などが絡むノスタルジックな物語で、登場人物も基本的に穏やかな性格です。スピード感がまるでなく時間は静かに緩やかに流れていくので、グイグイと力ずくで引き込まれることもなく最初は取っつきにくくてなかなか先に進まなかったんですが、じんわりとその世界に馴染んでいくと抜けられなくなります。登場人物は大人も子供も普段は飄々として人生に達観しているかに見えるだけにその感情が露わになった時は読んでる方も心が激しく揺さぶられます。全体が穏やかなだけにこの一瞬が一際印象に残りました。
私が本を読むときは大概主人公に感情移入して、その人になりきって話の中に入っていくことが多いのですが、この人の本は自分で読みながら誰か他の人に読み聞かせてもらっているような感じがします。夢の中でおかしいとは思わずに奇跡を見ているような不思議な雰囲気が漂う静かで独特な文章がいいんです。まだ何作か書かれてるようなので、これからもっと読んでみようと思ってます。

|

« 豆まき | トップページ | 伊丹スカイパーク »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30524/40013313

この記事へのトラックバック一覧です: プラネタリウムのふたご:

« 豆まき | トップページ | 伊丹スカイパーク »