« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月の12件の記事

2008.01.31

「糸寄席」観劇記

ITOプロジェクト企画公演の糸あやつり人形劇『糸寄席』を吹田メイシアターまで観に行ってきました。
短い作品集で構成されており、いわゆる人形(人の形をしたモノ)とは異なった形の人形が次から次へと現れては去っていき、最初から最後まで途切れることなく不思議で魅力的で画期的で楽しい糸あやつり人形劇の世界が繰り広げられました。

1部 マリオネット・ショートショート
○オープニング
丸いボールに1本の糸をつけただけのモノ。これが人形?これで操れるのか?これで演劇が成立するのか?と誰しもが思うのではないでしょうか。でも複数揃えばそれだけでその動きにグッと引き込まれ、台詞がなくても場内を爆笑の渦に巻き込む演出もできてしまうのです。10人以上で動と静のメリハリをつけながら沢山のボールをシンクロさせつつ様々なフォーメーションで動かすという、シンプルな人形故に困難な操作をサラリとこなしているからこそ観ている側はそれを素直に楽しめます。

○玉36
演者が坂東さんなので多分「たまさぶろう」と読むんでしょうね。オープニングに引き続き玉が主役の人形劇でした。ブラックライトに照らされた手袋が暗闇で鳥のようにはばたく幻想的な前半と、玉から飛び出した人形がコミカルに踊る後半のギャップが面白かったです。自分の手足を人形の一部として利用するというアイディアも効いてました。

○キャンディちゃんの腹話術
飯室さん出遣いの一人3役の人形劇です。人形を腹話術で操り、その人形がまた腹話術でさらに人形を操る、という凝った構成ですが、年季の入った語りと操作はとにかく自然でその神業的力量を感じさせません。ちょうど世間を賑わせているニュース(中国製の餃子ネタ)を早速アドリブで加えて笑いをとるところなんかもさすがです。

○A~HA
三体の人形が激しい音楽に合わせて踊ります。怖いような可愛いような、骸骨のような餓鬼のような、何とも言い難い味わいのある化物人形が秀逸です。自分には作れない人形ですね。

○マジックショー
これも飯室さんの作品です。小さくて割と簡単な作りの手品師が白い布をフリフリと上下させるだけで可笑しいのですが、オチの後のフォローがこれでもか!というぐらいあって爆笑です。

○あちら
SAYOさんの半(?)出遣い一人2役人形劇です。人形には結構な数の糸が複雑についているのですが、そのわりに動きは少なく(これは演出なのでしょうか?)、でもそこはSAYOさんの語りのウマさで人形はそこにじっと存在しているだけで、時に気だるく、時に苛立ち、ついにはキレてしまうのです。

○カタチの夜
立方体16個が生き物のように呼吸し、姿を変える、山田さんの風変わりな人形劇です。どこに糸をつけてどのように動かせば沢山のサイコロが一つに纏まったり、口を広げたり、縦横に伸びたりするのか、その不思議な動きは設計段階で計算されたものなのか、色々と試行錯誤した結果に編み出されたものなのか。色々と気になるところの多い作品でした。

2部 化物の宴
平太郎化物日記』に登場した化物たちが入れ替わり立ち代わり現れる狂気の大宴会が繰り広げられました。怪しげな曲や軽快な曲にのって化物たちが同期し、絡み、出没する様に観客の目は舞台に釘付けです。クライマックスは迫力満点の掛け声と共にオールキャスト総出で舞台から化物が客席に迫り、閉幕後は壮大な交響曲を聴き終えたかのような感動と満足感に満たされていました。山田さんによる振付・演出とのことですが、素晴らしいの一言です。

僭越ながらつらつらと感想を述べて参りましたが、いやはや大満足な内容でした。これがたったの1800円(前売りなら1500円!)とは安過ぎです。今回の『糸寄席』は本日限りの公演なのでもう観られませんが、次回ITOプロジェクト企画は、なんと一度は今後の上演なしとアナウンスされた伝説の人形劇『平太郎化物日記』の再演!だそうです。本年末に静岡で公演(予定)とのことですので、『糸寄席』を見逃した方も、人形劇ファンも、静岡県民も、そうでない人も、皆様お見逃しなく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.27

旧友再会

何やかんやと早や20年来の付き合いになる学生時代の友人と久々に会いました。
双方大阪に住んでいるので数年前まではしょっちゅう顔を合わせていたのですが、友人の子供が小学校に入りサッカーを習い出すと土日はずっとサッカーの練習や試合で都合がつかなくなり、そのうちウチにも子供ができてますますお互いの生活が慌しくなって最近はとんとご無沙汰でした。そして今年届いた年賀状には昨年秋から茨城県に転勤になり、現在単身赴任中と記されていました。これは一度連絡を取らねば、と電話してみるとたまたまこちらへ帰って来ているとのこと。でもやっぱり子供のサッカーの試合で今日は北千里の小学校へ行っているらしく、なかなか会えないもんだな、と一度は再会をあきらめたんですが、北千里ならウチからもそう遠くはないからちょっと行ってみるか、と昼過ぎからフラッと覗きにいってきました。
久々といっても精々数年のことなので親の方は見かけ上別段変わったところはありませんでしたが、子供は数年で遠くから見ただけでは顔がわからないくらい変わってました。色々と積もる話もあり過ぎて、結局軽く近況を聞いたぐらいで別れましたが、とりあえずみんな元気そうでなによりでした。次はいつ会えるかわかりませんが、またじっくりとあれこれ語り合いたいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.26

ホットケーキ

イモリのお気に入りの絵本のひとつに『しろくまちゃんのほっとけーき』があります。
で、今日はホットケーキを一緒に作ってみました。作る楽しさと出来たてを食べる美味しさにご満悦でした。

Hotcake
だれか、ぼーるをおさえてて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.21

雪はどこへ?

『晩から朝にかけて大阪平野部でも雪が積もりそう』という昨日の天気予報に期待と不安の目覚めです。
カーテンを開けると眼下に真っ白な雪景色が・・・ない。あれ?
道路に雪が積もってたり凍結してたりしたら職場までどうして行こうか?そんな時は休んだ方がいいか?でも月曜からいきなり休みはマズイか?でも歩いたら1時間では着けないし・・・などなどいらぬ心配をしてましたが、全く問題なしでした。

Urayama
でもかなりきわどいところだったみたいで裏山は麓まで白くなってました。
惜しかったね!(?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.20

TIME DOMAINのスピーカ

前から気になっていたTIME DOMAIN社のスピーカを試聴しに京都(本社けいはんな試聴室)まで行ってきました。
このメーカのスピーカはタイムドメイン理論という今までのスピーカとは全く異なった考え方で作られており(そのあたりを語れるほど仕組みをよく理解していないので詳細はメーカHPに任せます)、とにかく変わってます。
まずは見た目のインパクトが大。主力機種の"Yoshii9"は1mほどの垂直筒型、廉価版の"mini"と"lignt"は卵型で、どれもスピーカの直径は一般的なものに比べて非常に小さく(Yoshii9:8cm/mini:5cm/lignt:3cm)、いちばん小さい"light"なんかオモチャみたいでこんなんでホントにちゃんと音が出るのか?と不安になります。
ところが・・・これがスゴイんです。言葉では音をうまく説明できませんが、何というかとってもクリアで緊張感のある音なんです。ソースの様々な音がそれぞれハッキリと聴き取れ、とっても臨場感があります。音を鳴らしているのに静けさを感じます。そしてどこから音が出てるのかわからない不思議感。それから部屋のどこにいても音がほとんどかわらず明瞭にしかも立体的に聞こえる驚き。一聴の価値ありです。
で、衝動を抑えきれずに見た目と音のギャップが最も大きな"light"を買っちゃいました。これから在庫音源を聴き直してみます。どんな音が聞こえてくるのか、あ~楽しみ~。

Yoshii9
これが高嶺の花、"Yoshii9"。
三味線のレコードを聴かせてもらい、目の前での演奏を実感!震えます。

Timedomain_mini_light
"light"(左前)と"mini"(右前)。(中央後ろは他社ライセンス製品の"Jupity301")
こんな可愛らしい外形に似合わぬ驚愕の音が出てきます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.01.17

桜落葉

今日は最高気温6度の予報で今期いちばんの寒さだとか。
裏山はうっすらと白くなっており地面は凍結してました。
職場玄関前の桜もすっかり葉を落とし、寒風に揺れる枝がとっても寒々しい朝です。

Sakura_2008_01
でもよく見ると蕾が少しふくらんでました。
寒くても春の準備は怠ってません。エライね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.14

ババ襲来

土曜の晩から月曜までババがやってきました。
人見知りのイモリもさすがにババは覚えたようで結構懐いてました。最近親が真面目に遊んでくれないので、一緒に相手してくれる人なら誰でもよかったのかもしれませんが。
しかしいつまでもエンドレスで続くミニカー遊びにさすがのババも後半は適当にあしらってました。
2日間イモリの相手お疲れ様でした。またいつでもお貸ししますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.07

仕事始め

年末年始休暇は一瞬で過ぎ去り、今日から仕事始めです。
毎年その場の思いつきで言っているので全く重みがないのですが、今年の抱負は、
年を重ねて体力が落ちても気力で頑張る!
です。
・・・またしてもしょうもないこと言ってしまいました。キリのいい年なのでもう少し格好良くて高い目標を掲げればよかったと言った直後に後悔しましたが、実行できなさそうな大言を吐いてもしょうがないし、身体が丈夫なのが数少ない取り柄なので、まあそのあたりを継続する、ということでお許しを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.04

北海道旅行(最終日)

5日に渡る年越し北海道ツアーもあっという間に最終日となってしまいました。
名残を惜しみつつ温泉の朝風呂に入った後、札幌市街へ舞い戻り、時計台と道庁でお約束の記念撮影をして札幌駅と空港で土産物を漁り、一路大阪へ。
始終イモリに振り回されて、親子共々慰安旅行の予定が疲労旅行と化してしまいましたが、まあそれはそれで思い出深きいい旅だったんじゃないでしょうか。また今年も元気に頑張りま~す。

Jozankei
さよなら、定山渓!

Tokeidai
さよなら、時計台!

Douchou
さよなら、道庁!

Sapporo_sta
さよなら、札幌! またいつか戻ってくるからね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.03

北海道旅行(4日目)

今日は藻岩山に行ってみました。山頂の展望台からは札幌市街が一望できます。
ここに登るのはほぼ20年ぶりです。まだ学生だった頃、山開き(6/1)前日の晩からナイトハイクと称する行事で学校から藻岩山山頂まで酒を飲みつつ夜通し歩いたことを懐かしく思い返しました。

午後からは定山渓温泉郷へ。寒いところで入る温泉は格別です。

Shiden
市電に乗って
Ropeway
ロープウェイに乗って
Moris
モーリス号(雪上バス)に乗って
Moiwayama
藻岩山頂へ。でも眺めより雪遊び!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.02

北海道旅行(3日目)

雪の少ない札幌にも昨晩からようやく雪が降り出し、今朝は新雪が積もって雪国らしい景色となりました。
せっかくなんで雪遊びでもしようかとホテル近くの中島公園へ向かったのですが、一旦止んだ雪がまた激しく降り出して全身雪まみれになってしまいました。
で、宿に引き返して体勢を立て直し、昼からは小樽へ。情緒があってなかなかいいところなんですが、ワガママ大王(イモリ)連れではどこへ行っても落ち着いて観光どころじゃありません。

Fubuki
札幌で降る雪は大阪とは勢いが違います

Kaisendon
北海道は魚介類がなまらウマイべさ

Kitaichi
小樽の北一硝子にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.01

北海道旅行(2日目)

新年明けましておめでとうございます。
ここは札幌、ということで北海道神宮へ初詣に行ってきました。
体調も完全回復し、天気もスカッと快晴。いい正月を迎えられました。

・・・と穏やかに過ごしたかったのですが、このところワガママ全開で全く言うことを聞かなくなった魔の2歳児イモリに元旦から本気で腹を立てて叩いてしまいました。ゆるせイモリ、父は反省してます。キミも少し反省してくれないかな?まだ無理かな?

Hokkaidojingu
札幌の鎮守の神様といえば北海道神宮です

Omikuji
おみくじは末吉だけに微妙な内容

Noria1
知らないうちにススキノに観覧車が出来てました
(ノルベサのノリア)

Keyaki
ホテルに戻る途中、行列のできているラーメン屋を見かけました
寒い夜に並んでまで食べたくなるほど美味しいのか、とても気になる・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »