« 車マニア | トップページ | 本の整理 »

2007.12.12

第5期糸塾12(Final)

今年の6月から始まった第5期糸塾もいよいよ最終回。
今日はセリフを言いながら人形を動かす練習でした。ぎこちない操作はセリフに気を取られてもうメチャクチャ。セリフも手先を気にするとスラスラと出てきません。その点、年季の入ったプロ(『人形劇団みのむし』の飯室さん)の操作はさすがです。人形を支える手板を持つ左手はブレがなくスムーズで、右手は素早く必要な糸を取り、セリフと人形の動きも完全にシンクロして本人がそのまま人形になって演じているかのごとく自然なのです。
プロとシロウトとの歴然とした隔たりを見せつけられ、細い糸で隔てられた人形を、人が操っていることを感じさせずに、人形が自分の意志で動き回っているように見せられるには、どれだけの稽古と場数が必要なんだろうか?いや、それだけではどうにもならない才能もいるのではないか?・・・などと知れば知るほど遙か彼方に霞んでいく人形劇師への道のりにため息が出ます。趣味にするには申し分なく面白く興味深いけど、これを生業にできないかと考えるのはおこがましいのかも。でもあまりに魅惑的で一見可能に見えるが故に時々発作的に激しく心が揺さぶられるのです。

<お知らせ>
今回の糸塾を企画されたITOプロジェクトの方々と糸塾に参加された方々が『糸寄席(ITOYOSE)』という人形劇公演を行います。来年の1月31日、場所は吹田メイシアターです。大人も子供も楽しめ、人形劇通も初めて観る人も人形劇の面白さを十分堪能できると思いますので、興味のある方は是非覗いてみてください。
(詳しくはITOプロジェクトHPをご参照ください)

|

« 車マニア | トップページ | 本の整理 »

人形劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30524/17363638

この記事へのトラックバック一覧です: 第5期糸塾12(Final):

« 車マニア | トップページ | 本の整理 »