« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月の7件の記事

2007.09.08

英国出張(9月-7)

日本へのフライトを明日に控え、またまたロンドン観光へ出かけました。
未踏のロンドン東部、世界の分かれ目(グリニッジ)を目指してGO!ということで、本日の発作的観光ルートは、

ホテル
 ||
(バス:Hotel Hoppa)
 ||
ヒースロー空港(Terminal1)
 ||
(徒歩)
 ||
Heathrow Terminal1,2,3
 ||
(地下鉄:Piccadilly Line)
 ||
Acton Town
 ||
(地下鉄乗り換え:District Line)
 ||
Monument
 ||
(徒歩)
 ||
ロンドン橋(London Bridge)
London_bridge
『ロ~ンド橋落ちた、落ちた』の歌で有名なロンドン橋は地味なフツーの橋でした。
Tower_bridge
ロンドン橋からタワーブリッジを望む。(写真右は軍艦ベルファスト号)
 ||
(徒歩:テムズ川べり散策)
 ||
ロンドン塔(Tower of London)
Tower_of_london
入場料がいるので外回りから覗いただけで通り過ぎました。
要塞として建てられ、その後監獄としても使用され、今は観光名所として観光客で賑わってます。
 ||
(徒歩)
 ||
タワーブリッジ(Tower Bridge)
Tower_bridge2
大きな船が通過する時に橋の中央が跳ね上がる跳開橋です。
 ||
(徒歩:タワーブリッジ通行)
 ||
バトラーズワーフ(Butlers Wharf)
Butlerswharf
高い建物に挟まれた細い路地の上には渡り廊下が架かってます。
 ||
(徒歩:タワーブリッジ通行)
 ||
Tower Hill
 ||
(地下鉄:District Line)
 ||
Whitechapel
Whitechapel
ロンドン地下鉄の地上駅(って変な言葉ですが)はこんな感じです。
 ||
(地下鉄乗り換え:East London Line)
 ||
New Cross
 ||
(徒歩)
 ||
グリニッジ市街(Greenwich)
 ||
(徒歩:市内、マーケット散策)
Greenwich_market1
スップリ(イタリアのライスコロッケ)の屋台。
とっても旨そうでした。(見ただけでガマン)
Greenwich_market2
オリーブの各種漬け物(?)
なかなかオツな味でした。(味見しただけでガマン)
Greenwich_market3
Tartiflette(フランスのジャガイモチーズグラタン)
いい匂いにつられてついに買っちゃいました。アツアツポテトにチーズソースが絡みメチャウマです。口の中で白ワインとガーリックの香りが広がり、食べ出したら止まりません。
 ||
グリニッジパーク(Greenwich Park)
 ||
(徒歩:公園散策)
 ||
グリニッジ天文台(Royal Greenwich Observatory)
Greenwich_meridian1
ここが世界の縦(経度)の分かれ目です。
Greenwich_meridian2
赤線の左が東半球、右が西半球だそうです。
 ||
(徒歩)
 ||
グリニッジ埠頭(Greenwich Pier)
 ||
(リバーボート:City Cruises)
River_boat1
テムズ川では手漕ぎ船のレースをしてました。
River_boat2
リバーボート終着点付近。
写真左にはLondon Eye(観覧車)、右には国会議事堂が見えます。
 ||
ウェストミンスター埠頭(Westminster Pier)
 ||
(徒歩)
 ||
Westminster
 ||
(地下鉄:District Line)
 ||
Gloucester Road
 ||
スーパー(Waitrose)で買い物
 ||
Gloucester Road
 ||
(地下鉄:Piccadilly Line)
 ||
Heathrow Terminal1,2,3
 ||
(徒歩)
 ||
ヒースロー空港(Terminal2)
 ||
(バス:Hotel Hoppa)
 ||
ホテル

・・・という感じになりました。

こうして羅列してみるとまたしても結構な強行軍ですね。ホントはタワーブリッジの近所から"Docklands Light Railway"という鉄道でグリニッジまで直通で行けるはずだったんですが、運休してたのでしょうがなくグリニッジに最も近いと思われる地下鉄の駅(New Cross)まで行ってそこからカンを頼りにグリニッジまで歩くハメになりました。(これがまた結構遠い!)
貧乏性(交通費分の元を取らねば!)+好奇心旺盛(あちこち覗きたくなる)+英語苦手(会話が出来ないので自分の足が頼り)という性格がついつい身体を酷使してしまうのです。

最後に足で稼いだロンドン情報を少し。

○ロンドンの地下鉄
しょっちゅう運休になります。先週も3日間ストでほとんどの路線が止まってました。今日も(地下鉄ではないのですが)Docklands Light Railwayがお休みしてました。また時間を限定して出るだけで入れない駅なんかもあり、各駅にある掲示板をチェックしないと思うように移動できないことがままあります。
観光で地下鉄を乗り降りする場合は、"One Day Travel Card"という1日乗り放題のチケットが便利です。これは地下鉄だけでなくバスも乗り放題で、2回以上乗り降りするなら片道切符を買うより安上がりです。
また今回の滞在中は利用しなかったのですが、"Oyster Card"というプリペイドカード(日本のSuicaとかIcocaみたいなもの?)を買うとさらにおトクらしいです。

○ロンドンの公衆トイレ
ロンドンを歩き回っていた時にいちばん困ったのがトイレがないことです。日本では駅に行けば必ずトイレがありますがロンドンの駅はトイレがない所の方が多く、また設置されていてもお金(10ペンス~20ペンス=約50円)を払うか切符を見せないと入れなかったりするのです。今日も昼頃から尿意を催しつつ金を払うのもシャクなのでずっとガマンして結局晩に空港まで戻ってからようやく用を足しました。
「この近くにトイレはありませんか?」なんて気軽に聞けたら実はあちこちにあったのかもしれないので、英語の達者な方は自分で探し回らずに人に聞きましょう。

○リバーボート
テムズ川を上り下りする渡し船です。通勤の足としても使われているようですが休日はほぼ観光船と化してます。川から見える建物や橋などの解説も付いて(当然英語ですが)グリニッジ埠頭-ウエストミンスター埠頭間約1時間の船旅の料金は7.2ポンド(現レートで約1800円)。ただし"One Day Travel Card"を見せると1/3割引きされて4.8ポンド(約1200円)になります。川から眺めるロンドンもなかなかいい感じです。
(出発間際に乗ろうとすると定員オーバーで乗せてもらえないこともあるので、予めチケットを買っておいて早めに並ぶのが無難です)

○ロンドンのマーケット
ロンドンではあちこちでマーケット(市場)が開かれています。規模は十数軒のこぢんまりしたものから数百の店が軒を連ねる迷宮クラスまで様々です。店舗も常設、屋台、品物を並べただけのもの等々雑多な形態が乱立し、扱う商品も多種多様です。観光客率と値段はおおよそ比例していますので、安いモノを手に入れたいのであれば有名な大規模常設マーケットではなく、ロンドン郊外の地元民向け乱雑マーケットを探してみてください。ただしガラクタ率も上がりますので、そこで欲しいモノが見つかるかどうかは保証しません。
ロンドンには歴史的建造物や美術館・博物館など沢山の見所があるので訪れる方は観光スポットを回るだけで十分に忙しいとは思いますが、時間があれば是非マーケットを覗いて写真や他人の文章では絶対にわからないその魅力を肌で感じてみてください。イッパツで虜になってまた行きたくなるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.07

英国出張(9月-6)

本日で今回の作業は完了となりました。
めでたし、めでたし。

Uk0709071
最終日は『立つ鳥後を濁さず』ということで片付け&掃除大会

Uk0709072
現場のトイレからの風景。これも見納めです。(多分)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.06

英国出張(9月-5)

こちらでの作業は終結に向かっています。
明日で作業を終了して日曜日に帰国できる可能性が高まってまいりました。
でも油断は禁物。
でも期待は膨らむ。
でも不安も過ぎる。
でも、でも、やっぱり希望を捨てずに明日を待ちます。

Uk_lunch070906
今日の昼食:KARACHI BEEF WITH RICE+ポタージュ
(結構辛いけどもコクのないビーフカレーとパサパサごはん)

Uk_dinner070906
今日の夕食:Chicken Samosa+ビール
(カレー風味の鶏ひき肉のパイ包み揚げ)
ピリ辛でビールのお供に最適!こちらでのお気に入りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.05

英国出張(9月-4)

英国出張継続中です。
先週取った空港内への入構パスが切れたので今日また取り直しました。今度は1ヶ月有効のもの。このパスは『ESCORTED』という制限付きで、付き添いの人が一緒でないと入れてくれません。さらに飛行機に乗る時に受ける手荷物と身体のチェックより格段に厳しいチェックを受けなければならず、毎朝これに結構時間がかかるのです。

手順としては、
1.持って入る荷物をトレイに乗せてX線チェック
 ・パソコンはカバンから出して別トレイに乗せる
 ・上着、靴、ベルトも外してトレイに乗せる
2.ゲートをくぐる
3.ゲートをくぐったらパスポートと入構パスを見せる
4.両手を肩の高さまで上げてボディーチェック
5.X線チェックをくぐり抜けた荷物の中身を詳細にチェック
 ・カバンは中身を全て目視で確認
 ・不審なモノ(デジカメとか)があると、これは何だ?と聞かれる
 ・服も靴もベルトも手で触ってチェック
 ・パソコンは電源を入れてパソコンとして動作することをチェック
以上でやっとチェック完了です。

これを飛行機に乗る人以外の空港内に用事がある人全て(工事関係者、パイロット、客室乗務員等々)についてやるもんだから、タイミングによってはチェックを受けるまで30分ぐらい待たされたりします。
というわけで空港内の仕事はなかなか大変なのです。

Uk_070905
空港内に入ればコッチのもん!滑走路をブッ飛ばして現場へGO!
(でもジャンボジェット機にはかなわないから先を譲ります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.03

英国出張(9月-3)

今日は元請会社のロンドン事務所で打ち合わせ。
事務所で働いている日本人は当然なんでしょうが自由に英語を操っていました。自分が全然英語がダメなのでペラペラ~っと流暢に英語を喋る日本人に対してはほぼ無条件に尊敬の眼差しを向けてしまいますね。
ここに来る度に英語が聞き取れない、喋れないことの不自由さを痛感しますが、こんなに頻繁に来るハメになるとは思ってもみなかったので、帰国したら日本では不必要な英語を習おうとか勉強し直そうという気にはなかなかなれないのです。

Uk_lunch070903
今日の昼食:タイカレー(オゴリ)
イギリス風にアレンジしてあるのか、ココナッツの風味はしましたが全然辛くないタイカレーでした。

Uk_dinner0709031
今日の夕食1:刺身、酢の物、天ぷら、つくね、唐揚げ・・・(オゴリ)
日本料理屋に連れて行ってもらいました。イギリスでこんなちゃんとした和食を食べられるとは夢にも思いませんでした。

Uk_dinner0709032
今日の夕食2:寿司(多分特上クラス) (これもオゴリ)
食事の締めは寿司と味噌汁。さらにお持ち帰り用のおにぎりまで付けて頂き、至れり尽くせり。
日本の倍以上物価の高いイギリスでこれだけ上等の和食を出してもらったら一体幾らするのか想像するのも恐ろしく、「キサマ~、これを食べたからにはトラブルがあったら何度でも直ぐにイギリスに飛んでこ~い!いいな!」と暗に言われているようで、美味しい料理もすんなりと喉を通りませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.02

英国出張(9月-2)

今日もまたロンドンへ。

1.バッキンガム宮殿(Buckingham Palece)
昨日『衛兵の交代』が見られなかったので、意地でも見なきゃ気が済まなくなりました。今日の観客数は昨日の比ではありません。警官もあちこちで警備と誘導をしていて、従わないと容赦なく怒鳴られます。

そしてついに念願の儀式が始まりました。

Changingtheguard1
真っ赤な制服に黒くて長い帽子を被った鼓笛隊の登場です。
『衛兵の交代』の紹介写真と同じ光景を目の当たりにして、コレコレ!と気分も高まります。彼らが交代要員なんだとばかり思っていたんですが、

Changingtheguard2
その後に黒の上下に銃を携えた新たな隊列が続きます。
地味だけどどうやらこの人たちが交代要員みたいです。一団は行進しながら宮殿の門の中へと入っていきました。

Changingtheguard3
宮殿前では鼓笛隊の演奏が鳴り響く中、粛々と交代の儀式が進行中。
兵隊特有のメリハリの効いた大袈裟な動作であっちへ行ったりこっちへ来たり、延々と儀式は1時間近く続きました。

Changingtheguard4
交代して役目を終えた衛兵が門から外へと出てきました。

Changingtheguard5
解散後の衛兵はバスに乗ってお帰りです。何か意外。

2.ヴィクトリア駅(Victoria Stn.)
バッキンガム宮殿の近所ということで立ち寄ってみました。トイレに行きたくなったので標識に従って進むと入り口には入場門があり、20ペンス(約50円)払わないと中に入れない仕組みになってました。かなり切迫した状態だったのでシブシブ金を払って用を足しましたが、無料のトイレと比べて別に豪華でもキレイでもないフツーのトイレでした。

3.ベーカー街(Baker St.)
ヴィクトリア駅から地下鉄を乗り継いでベーカー街へ。ここはシャーロックホームズのホームグラウンドです。

Bakerst
地下鉄駅前にはシャーロックホームズ像が立ってました。

4.リージェンツパーク(Regents Park)
ベーカー街から北に向かってリージェンツパークを散策しました。

Regentspark
9月だというのに沢山のバラが咲き乱れていて芳香が漂ってきます。
広大な公園なので入り込むとなかなか抜け出せません。

Londonzoo
公園の北側にロンドン動物園があります。
(値段が高いので中には入りませんでした)

Regentscanal
公園の北端にはリージェンツ運河が流れてます。
運河には渡し船(観光用だと思いますが)が行き来してます。

5.カムデンタウン(Camden Town)
運河沿いにさらに北へ進み、本日の最終目的地カムデンタウンへ到着。
メインストリート沿いの歩道には大勢の人が溢れています。

Camdenlock1
人並みをかき分けて Camden Lock Market に到着。

Camdenlock2
マーケットには無数の露店が立ち並び、人がひしめき合い、雑然とした雰囲気。
食べ物を売る屋台もあちこちにあり、異国のスパイスの香りが漂います。

Camdenlock3
いい匂いに釣られてモロッコ料理の店でクスクス定食(?)を買いました。(£4.5)
クスクス(モロッコのゴハンみたいなもの)に牛、鶏、野菜のスープを少しずつかけてもらい試食したところ、どれも見た目ほどスパイシーでなく優しくてダシの効いたいい味でした。

Camdenlock4
絞りたてのオレンジジュース(小)も買ってみました。(£1.0)
喉が乾いていたこともあり、メチャ美味!でした。

Stablesmarket
Camden Lock Market 奧の Stables Market にも美味しそうな店がいっぱい。

マーケットでは中華、韓国、タイ、メキシコ、イタリア、日本、その他様々な国の料理があり、パン、ドーナツ、チョコ、アメ、アイス、ジュース、ホットドリンク等々のおやつ・デザート関連も充実してます。もちろん食べ物以外にも服飾を始め、雑貨、家具、オモチャ、訳のわからないモノまで品揃えは多種多様です。色々な人種に揉まれて5感に刺激を受けながら迷宮のようなマーケットを彷徨っていると、どんどん気持ちが昂揚してきて何とも言えないいい気分になってきます。
昨日行ったコベントガーデンとは同じマーケットでもかなり対照的で、
コベントガーデン:洗練・健全
コムデンタウン:混沌・背徳
といった感じでしょうか。どちらも非常に魅力的なところです。

そんなこんなで今日も身体はクタクタになってしまいましたが、いい気分転換にはなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.01

英国出張(9月-1)

9月になってしまいましたが、まだまだ英国滞在中です。
今日は休日ということで気晴らしにロンドンへ行ってみました。

1.バッキンガム宮殿(Buckingham Palece)
ここは今まで何度も行っているのですが、有名な『衛兵の交代』をまだ目にしてないので今回是非とも見てみようと再度訪れました。結構観光客が集まっていたので、そろそろかな?と待っていると、
Buckingham1
騎馬隊がやって来ました。

いよいよ衛兵の登場か?と期待を膨らませていると、
Buckingham2
その後には清掃車が??
騎馬隊が乗ってる馬のフンを収集して行きました。

今度こそ!と辺りを見回してもそれ以降は何の動きもありません。他の観光客もなかなか立ち去らないのでこちらも去り難く、しばらく粘ったのですがいつまで経っても変化がないのであきらめて移動しようと宮殿の門を横切ると、その片隅にはこんな看板が・・・
Buckingham3
"今日は衛兵交代の儀式はありません"
・・・もっと目立つ所に置いてくれぃ!!

2.コベントガーデン(Covent Garden)
ここも2度目なんですが、ブラつくだけでも十分楽しめるところです。

地下鉄の駅から外に出ると、
Coventgarden1
まずは大道芸人がお出迎え。

Coventgarden5
こんなんもいます。

マーケットに進むと、
Coventgarden2
そこでも沢山の芸人が楽しませてくれます。

売ってるモノも多種多様で、
Coventgarden3
その場でサラサラッと絵文字を書いてくれたり、
Coventgarden4
日本では見たことのないようなカラフルな服だったり、
その他雑貨、似顔絵、食べ物等々じっくり見出すとキリがありません。

3.スーパーで買い物
ブラブラしてるとあっという間に夕方になり足も疲れてきたので、最後に帰り道のスーパーで飲食品を買い溜めして帰りました。宿泊している空港に隣接するホテル周辺には小さな雑貨商店が1件あるだけで食糧難に陥っていたので、食べ物が豊富にあると気持ちも豊かになります。

という感じで休日は過ぎゆくのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »