« 梅雨明け | トップページ | 天神祭の花火 »

2007.07.24

黄色い目の魚

『黄色い目の魚』(佐藤多佳子著)、一気に読み終えました。
しゃべれども しゃべれども』が面白かったので他の著作はどうかな?と手に取った本ですが、これもよかったです。
高校の同級生である男女二人の主人公が、絵をきっかけに相手の存在が気になりだし、お互いに少しずつ惹かれ、影響を受けながらそれぞれの殻を破って成長していく物語です。設定自体はよくあるパターンなのですが、『しゃべれども しゃべれども』同様、登場人物の個性が光ってます。皆ひとクセあって、キツイことを言ったり自分本位に振る舞ったり、なかなかに取っつきにくく、それでいてとっても味わい深い人たちなんです。
佐藤多佳子、マイ読破リストに追加です。

|

« 梅雨明け | トップページ | 天神祭の花火 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30524/15905131

この記事へのトラックバック一覧です: 黄色い目の魚:

« 梅雨明け | トップページ | 天神祭の花火 »