« 第5期糸塾2 | トップページ | 週末 »

2007.06.21

自転車乗りのライバル

悪天候を言い訳に怠けてた自転車通勤復活です。
蒸し暑い季節なので爽やかさは求められませんが、それはそれで乗ってしまえば車では味わえない充実感があります。いつしか鼻歌を口ずさみながら気分よく進んでいたのですが!!強敵出現で事態は急変です。

唐突ですがここで質問
Q.もしあなたが自転車を漕いでいて、後ろから他の自転車に抜かれた時、どうしますか?
 1.マイペースを守って我が道を行く
 2.何が何でも抜き返す
 3.状況に応じて勝負する

私の場合は3ですね。相手が乗ってる自転車を見て、
A.ロードレーサーの場合:
 勝負を諦めて1を選択。(心に多少波風は立ちますが)
B.マウンテンバイクの場合:
 これは2です。(路面抵抗の多い太いタイヤには負けられない)
C.折り畳み自転車の場合:
 ももちろん2。(安定感のない小径車にも絶対負けられない)
D.同等の自転車(上記以外のスポーツサイクル)の場合:
 やっぱり2です。(性能が同等ならあとは体力勝負!)
E.ママチャリの場合:
 これも当然2と言いたいところですが、電動自転車なるものが開発されてから上り坂でこちらが必死に立ち漕ぎしてるのに涼しい顔でスーッと抜き去れれることがままあるため、上り坂では1とします。

で、今日の敵はと言いますと、折り畳みではないけど車輪は小さめなタイプ。フレームやリムの輝き方から購入後間もない新車であると判定。ランクはCよりDに近いか? どちらにしろこれは勝負モード突入決定ということで、アクセル全開、一旦は抜き返したものの、その後ジワジワと距離を詰められ、再び横並びになりかけた頃に進む道が分かれたため、今回の勝負はドローということにしておくか・・・などとひとりで盛り上がって朝から汗ダクになってしまいました。

Eurasiaframe
20年目の愛車ユーラシア。
絶滅寸前のランドナーでいつでも勝負を受けさせて頂きます。

|

« 第5期糸塾2 | トップページ | 週末 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

 おこんばんわ、イモリ君いろんな経験をしながらも順調に成長しているようですね。
 自転車について、基本的に「A」ですな。 乗ること自体少ないんやけど、乗れば出来るだけ疲れないように乗りたいのでスピードは遅めだす。
 冬なら「チラッ、フフン」てな感じで通り過ぎられるとメラメラっときますが、夏はそんな気も起こりません。
 こんな私は出来るだけ単独でスーッと乗るのが好きなんやけど、一番困るのが抜けそうで抜けない、抜かれそうで抜かれない時、これを感じるのがとっても嫌いだな。
 でも、時折レーサー気分で乗ることもあったりします。

投稿: Mappy | 2007.06.24 22:12

「A」ではなく、「1」でした。 ごめりんこ。

投稿: Mappy | 2007.06.25 01:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30524/15508317

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車乗りのライバル:

« 第5期糸塾2 | トップページ | 週末 »