« 羽衣ジャスミン | トップページ | イモリ語録 »

2007.05.09

バッテリー

バッテリー』シリーズ(あさのあつこ著)の最終巻(Ⅵ)を読み終えました。
孤高の投手、原田巧が沢山の個性的な仲間の中で少しずつ変わっていく様子を端から眺めて青春させてもらいました。これからの成長ぶりも見続けたい気もしますが、終わり方としてはこの辺りがいいのかも。
青少年を対象として書かれたものかもしれませんが大人でも十分楽しめます。オススメです。
登場人物と同世代にこの本を読んでみたかったな。

PS.最近邦画の集客力が上がっているようです。それに伴い邦画界に活気が出て製作本数が増えたことは邦画ファンにとっては喜ばしいことですが、原作を超える映画をあまり知りません。先に原作を読んでしまうと頭の中で自分好みの映像が出来上がってしまい、他人が作り上げた世界を受け入れられないからでしょうか?まあそれを抜きにしても短編小説ならともかく長編小説を2時間前後でまとめるのはやはり無理があると思われ、現在に至るまでのエピソードや後々効いてくる伏線、ゆっくり進むべき時間の流れ、地味ながら存在意義のあるキャラクター等、絶対に削ってはならない(と思われる)部分が容赦なくはしょられ、観終わった後にガッカリすること多々です。この小説も映画化されたようですが、デキはどうなんでしょうかね?

|

« 羽衣ジャスミン | トップページ | イモリ語録 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30524/15019663

この記事へのトラックバック一覧です: バッテリー:

« 羽衣ジャスミン | トップページ | イモリ語録 »