« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月の16件の記事

2007.03.31

つくし採り

この時期恒例のつくし採りに今年も行ってきました。
腹の足しになるほど沢山食べるものでもありませんが、何と言ってもタダで手に入るってのが魅力です。

Tukusi_2007_1
去年はイモリをオンブ紐で背負いながら採りましたが、今年は戦力になってます。

Tukusi_2007_2
つくし料理と言えば卵とじ。ほろかな苦味に季節を感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.03.30

桜開花

例年よりかなり早まるとの予報を裏切り、結局去年と同じ時期に桜が咲き出しました。

Sakura_2007
1本の木で蕾が5~6輪開いた時が『開花』だそうです。
で、80%以上の蕾が開花すると『満開』になるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.28

バリケード突破

封じ込め政策施行から半年余。とうとうイモリがバリケードを突き破って禁断の世界へ突入です。最近メキメキと体力をつけ、親譲りの落ち着きのなさもパワーアップしてきたのでいずれやられるだろうとは思ってましたがついにその時が来てしまいました。
台所には沢山扉や引き出しがあります。
その中には宝物がいっぱい詰まってます。
自らの力で未知の扉を開き、これから始まる大冒険に目を輝かせてワクワクしてます。
でも冒険には危険が付きもの。大ケガしないように気をつけること!
わかったか? まだわかんないだろうな・・・

Bari1
1.脚で押して
Bari2
2.隙間から潜り抜けて
Bari3
3.柵の外へ
Bari4
4.突破成功!
Bari5
5.さて宝の山は何処だ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.26

歯医者

歯の詰め物がとれてしまったので、久々に歯医者へ行ってきました。
診てもらうと外れたところは虫歯になっててさらに削らなければならないとのこと。その他にも2,3箇所虫歯があることも発覚。ここ数年歯が痛くなることもなく自分ではそれなりに歯磨きもしてたので油断してました。この機会に全部直してもらうことにします。
私、物心付いた頃から内科とか外科とかがあるいわゆる普通の病院にお世話になった記憶はありませんが、歯医者だけはあちこちを不定期に渡り歩いています。麻酔の注射とか歯を削られるのは大キライなんですが、夜も眠れない虫歯の痛みを思うと致し方ありません。
鮫みたいに次々に新しい歯が生えてきてくれたらいいのになぁ、としょうもない願望を抱きつつしばらくまた歯医者通いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.24

安曇野再彷徨記(最終日)

今日で安曇野とも再びお別れです。
子連れ旅行だったので美術館や落ち着いたレストランなど大人な場所にはほとんど立ち寄りませんでしたが、美しい風景と美味しい食べ物と暖かい人々に囲まれて今回ものんびりといい時間を過ごせました。天気もほぼ好天で宿も時期外れの平日ということで3日間貸し切り状態と幸運にも恵まれました。イモリもそれなりに楽しんでくれたようです。
特にやり残した事はないんですが、いいところなのでまたいつの日かぶらりと再訪するかもしれません。

<今日の立ち寄り>
パン工房ブール(パン屋)
高橋わさび店(ワサビ漬け)
スワンガーデン安曇野(土産物)
梓川SA(長野道)
養老SA(名神)

Azumino_imori1
ちひろ美術館にて

Azumino_imori2
宿のネコ(シロ)ちゃんと

Azumino_imori3
松ぼっくりに興味津々

Azumino_imori4
宿の風呂にて

Mapleleaf2
安曇野の常宿:ペンション メープル・リーフ
今回も大変お世話になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.23

安曇野再彷徨記3

安曇野3日目。
昨夕から雨が降り出して今朝の散歩時には雨は上がっていたものの辺りは雲のような厚い霧に覆われており、今日の天気が気掛かりでしたが、予報によれば終日晴天とのこと。この予報を信じて本日のツアーは、『安曇野の清流に映える白鳥とワサビ田&北アルプス大パノラマを眺めながら食べるランチ』に決定です。
犀川の白鳥飛来地は昨年の豪雨災害で土砂流れ込んだために工事中で立ち入ることが出来ませんでしたが(後で宿のオーナーに聞くと今年の白鳥はもう少し上流に行けば見られたとのこと)、長峰山頂からの北アルプスと安曇野平野の眺めは素晴らしく、安曇野の美しさを満喫できた一日でした。

<今日の立ち寄り>
道の駅安曇野松川
パン工房ブール(パン屋)
長峰山頂
ファーマーズガーデン明科(農産物直売所)
大王わさび農場
北アルプス牧場直売店(ソフトクリーム他)
Vif穂高(農産物直売所)

Nagamineyama
長峰山頂からの北アルプスパノラマ
写真では目で見た感動を伝えられません。一見の価値ありです。

Wasabida
大王わさび農場のワサビ田

Hakucho
見損ねたハクチョウは頭上を隊列を組んで渡って行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.22

安曇野再彷徨記2

安曇野2日目。
朝早くから目が覚め、これまた早起きしたイモリを連れてウロウロと散歩に出かけました。しかし春とはいえ大阪よりずっと標高の高い安曇野の早朝はまだ氷点下の寒さで、イモリがブルブルと震え出したために早々と帰宿。
今回の旅行はこれといった目的も持たずに来てしまったので、朝食後にさて今日はどこへ行こうかとしばし悩んだ挙句、『福寿草の郷、四賀村と松本城下町巡り』ツアーに決定。カーナビが無いので時々道を外れつつも天気が夕方までなんとか持ってくれたので穏やかな一日を過ごせました。

<今日の立ち寄り>
福寿草群生地(松本市:四賀地域)
もとき(松本市:蕎麦屋)
ナワテ通り(松本市)
中町通り(松本市)
道の駅「アルプス安曇野ほりがねの里」
ティータイム ガルニ(安曇野市:喫茶店)

Azumino_asa
朝もやに霞む早朝の安曇野

Fukujyusou
松本市四賀地域(旧四賀村)の福寿草
傾斜地一面に鮮やかな黄色の福寿草が咲き乱れていました。

Kaerudaimyojin
ナワテ通りのカエル大明神
カエルはナワテ通りのシンボルキャラクターだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.21

安曇野再彷徨記1

今日から3泊4日の安曇野旅行です。
安曇野は2年前に一度訪れたことがあり、今回2度目となります。前回の旅行記の最後に「やり残したこともいっぱいある」と自分で書いているのに何をやり残したのか今となっては思い出せませんが、何度でも訪れたくなる所なのです。
前回はまだイモリはお腹の中で電車&レンタカーの2人旅でしたが、今回は3人で大阪から車で行ってみました。渋滞もなく天気も快晴とまではいきませんがそこそこ恵まれ、旅行は順調な滑り出しです。

<今日の立ち寄り>
多賀SA(名神)
恵那峡SA(中央道)
駒ケ岳SA(中央道)
安曇野ちひろ美術館

Oumifuji
道すがらの山々1:近江富士(三上山)(名神栗東付近より)

Ibukiyama
道すがらの山々2:伊吹山(名神米原付近より)

Utsugidake
道すがらの山々3:中央アルプス空木岳?(中央道飯島付近より)

Senjyogatake
道すがらの山々4:南アルプス仙丈ヶ岳?(中央道駒ケ岳SAより)

Kitaarupusu
道すがらの山々5:北アルプス連峰(長野道豊科付近より)

Danro
前回に引き続きお世話になるメープル・リーフさんでは暖炉と高野槇の湯船の温泉で暖かなお出迎えを頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.16

新潟出張5

無事新潟から大阪へ戻ってきました。
大きなトラブルもなく仕事の終わりも早くて食べ物も美味しく、全般的に快適(?)な出張でした。
新潟出張レポートの最後に今回の新潟出張を終え、そこで感じたことをいくつか挙げておきます。

○新潟の道路
国道7号線から8号線にかけて立派なバイパスが通っています。上下線が完全に分離されていて片側2~3車線あり、さらにICなんかもあってバイパスというよりほとんど高速道路です。ということで空いている時は走っている車も法定速度を大幅に超えてスピードも高速道路並みになります。ただ朝晩は必ず渋滞が発生して意外と時間がかかってしまいます。

○新潟駅前の呼び込み
呼び込みの兄ちゃんがやたら多くてほぼ10m毎に声をかけられます。しかもその全てがキャバクラ。値段は基本的に3000円ポッキリ。店には入らなかったのでサービスの程度はわかりません。

○新潟の味付け
全般的に関西風うす味です。汁物の色も透明に近い感じ。

○新潟の天気予報
関西ではこの季節、天気予報の最後に付いてくる花粉情報がありません。海からの風が吹く新潟は花粉症とは無縁なんでしょうか?実際、花粉症の私もこちらでは全く症状は出ませんでした。

○新潟のコンビニ
新潟空港でレンタカーを借りて走っていると、あちこちで『SAVE ON』(セーブオン)というコンビニを見かけました。関西では見たことのないコンビニなので新潟限定なのかと思って調べてみると、群馬を拠点として関東・甲信越にかなり展開されてるようです。

○新潟の方言
北国は方言がキツイという印象が強いのですが、標準語に近いのか訛りを全く感じませんでした。まあ会話をしたのが出張先の工場の人と居酒屋のおねえさん、おばちゃんだけなのであまり参考にならないとは思いますが。

Yasudayogurt
新潟の味その7:ヤスダヨーグルト
コンビニで売ってます。ストローが付いてますが、一般的な飲むヨーグルトよりも固めでかなり吸引力がいります。

Mamedaifuku
新潟の味その8:豆大福(右)と田舎まんじゅう(左)
豆大福の豆は青大豆。柔らかくてきめ細かい皮はほんのり塩味が効いて絶品。田舎まんじゅうはあっさり粒あんを薄皮でまとめたもの。

Sasadango
新潟のお土産1:笹だんご
新潟といえば笹だんご。お土産に外せません。5個とか10個単位でひとまとめになってます。笹の葉を剥く手間とその香りでだんごは一層味わい深くなります。

Kakinotane
新潟のお土産2:柿の種
浪速屋さんが柿の種の元祖だとか。包装では缶入り、箱入り、簡易型、種類では普通のと辛口、大型、さらにチョコがけ(黒チョコ、ホワイト、カフェオレ)などラインナップは豊富です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.15

新潟出張4

少々トラブルはあったものの今日も無事作業終了です。
終日屋外で風に煽られていたため作業量のわりに妙に身体が疲れましたが、残すところあと1日。
やれやれ。

Baigai
新潟の味その5:バイ貝の酒蒸し
爪楊枝を使って殻からクルリと身を取り出します。美味しいことは美味しかったけど、結構高かったです。

Kisunigiri
新潟の味その6:キスのにぎり
寿司ネタにキスというのは初めてでした。パッと見、昨日食べたふなべたとよく似てますが、キスの方が幾分身が締まってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.14

新潟出張3

新潟は毎日曇り時々晴れ時々みぞれ時々雪です。
今日から屋外作業となりましたが、3月半ばなのに大阪の真冬なみの寒さでこたえました。
しかしまあ折り返し地点も無事通過してヨシヨシです。

Funabeta
新潟の味その4:ふなべた
カレイの仲間で、船底(ふなべた)に張り付いているからその名が付いたとか。
身はかなり柔らかく非常に淡泊な味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.13

新潟出張2

本日も順調に作業終了です。
明日から始まる屋外作業が予定通り進むかどうかは天候次第なのですが、連日雪がちらついているので少々不安です。

Koshinokanbai
新潟の味その3:越乃寒梅
ひと昔前は幻の酒とも呼ばれていましたが、今ではどの居酒屋でも普通に飲めるみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.12

新潟出張

今日から週末まで新潟へ出張です。
北国だけあってやっぱり大阪よりはかなり寒いです。新潟市近辺の平野部なので積雪は全くありませんでしたが、今日はかなり吹雪いていました。屋外作業もあるので天気が心配ですが、今日のところは無事作業終了ということでとりあえずめでたしめでたしです。

Tochioaburage
新潟の味その1:栃尾の油揚
厚揚げ並みの分厚さですが中までサックリ揚がってます。

Noppejiru
新潟の味その2:のっぺ汁
筑前煮をあっさりと上品に仕上げたような金沢の治部煮のとろみをもう少しゆるくしたような感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.03.11

散らかし魔

戸棚を開けて中に入ってるモノを引っぱり出して辺り一面に散らかすのが最近のイモリのお気に入りです。
台所、洗面所、リビング、押し入れ、どこにいても何か静かだな~と気付けば時すでに遅し。それはそれは見事にやってくれます。

Warusa1
ちょっと目を離すとこの有様。

Warusa2
青ばなが垂れるのも構わず目を輝かしてもう夢中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.09

アヒルと鴨のコインロッカー

伊坂幸太郎の本、ハマりました。
重力ピエロ』に続き『アヒルと鴨のコインロッカー』を読みました。
両作に共通していえますが、まずタイトルに惹かれます。最初の数行で「エッ?何がどうなってるんだ?」と疑問を抱いてしまったらもう最後まで止まりません。飄々とした登場人物たちにすぐには感情移入できませんが、徐々に彼らの心の内が染み込んできます。
他にも面白そうな著作があるようなのでまた読んでみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.04

お礼参り

陽気に誘われ、延ばし延ばしにしてきたお礼参りに中山寺まで行ってきました。
安産祈願に行ったのが一昨年の3月3日なので丸2年ぶりです。その年は桃の節句が戌の日だったので産まれてくる子は女の子じゃないかという予感に包まれつつここを訪れたのを思い出します。(見事にハズレましたが)
前回は随分と寒かったような気がするのですが、今日は気温が20℃を上回ったようで暖かいを通り越して半袖でも暑いぐらいでした。ちょうど梅まつりの開催中ということもあって参道は出店と花見客、安産祈願に来た妊婦さん、我々と同じくお礼参りに来た親子等々沢山の人で大変な賑わいでした。
暑さと人混みで疲れましたが、とりあえず気になっていたことがひとつ片付いてホッとしました。

Nakayama2005_03
安産祈願時の中山寺境内(2005/3/3)

Nakayama2007_03
お礼参り時の中山寺境内(2007/3/4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »