« 新潟出張4 | トップページ | 安曇野再彷徨記1 »

2007.03.16

新潟出張5

無事新潟から大阪へ戻ってきました。
大きなトラブルもなく仕事の終わりも早くて食べ物も美味しく、全般的に快適(?)な出張でした。
新潟出張レポートの最後に今回の新潟出張を終え、そこで感じたことをいくつか挙げておきます。

○新潟の道路
国道7号線から8号線にかけて立派なバイパスが通っています。上下線が完全に分離されていて片側2~3車線あり、さらにICなんかもあってバイパスというよりほとんど高速道路です。ということで空いている時は走っている車も法定速度を大幅に超えてスピードも高速道路並みになります。ただ朝晩は必ず渋滞が発生して意外と時間がかかってしまいます。

○新潟駅前の呼び込み
呼び込みの兄ちゃんがやたら多くてほぼ10m毎に声をかけられます。しかもその全てがキャバクラ。値段は基本的に3000円ポッキリ。店には入らなかったのでサービスの程度はわかりません。

○新潟の味付け
全般的に関西風うす味です。汁物の色も透明に近い感じ。

○新潟の天気予報
関西ではこの季節、天気予報の最後に付いてくる花粉情報がありません。海からの風が吹く新潟は花粉症とは無縁なんでしょうか?実際、花粉症の私もこちらでは全く症状は出ませんでした。

○新潟のコンビニ
新潟空港でレンタカーを借りて走っていると、あちこちで『SAVE ON』(セーブオン)というコンビニを見かけました。関西では見たことのないコンビニなので新潟限定なのかと思って調べてみると、群馬を拠点として関東・甲信越にかなり展開されてるようです。

○新潟の方言
北国は方言がキツイという印象が強いのですが、標準語に近いのか訛りを全く感じませんでした。まあ会話をしたのが出張先の工場の人と居酒屋のおねえさん、おばちゃんだけなのであまり参考にならないとは思いますが。

Yasudayogurt
新潟の味その7:ヤスダヨーグルト
コンビニで売ってます。ストローが付いてますが、一般的な飲むヨーグルトよりも固めでかなり吸引力がいります。

Mamedaifuku
新潟の味その8:豆大福(右)と田舎まんじゅう(左)
豆大福の豆は青大豆。柔らかくてきめ細かい皮はほんのり塩味が効いて絶品。田舎まんじゅうはあっさり粒あんを薄皮でまとめたもの。

Sasadango
新潟のお土産1:笹だんご
新潟といえば笹だんご。お土産に外せません。5個とか10個単位でひとまとめになってます。笹の葉を剥く手間とその香りでだんごは一層味わい深くなります。

Kakinotane
新潟のお土産2:柿の種
浪速屋さんが柿の種の元祖だとか。包装では缶入り、箱入り、簡易型、種類では普通のと辛口、大型、さらにチョコがけ(黒チョコ、ホワイト、カフェオレ)などラインナップは豊富です。

|

« 新潟出張4 | トップページ | 安曇野再彷徨記1 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30524/14263844

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟出張5:

« 新潟出張4 | トップページ | 安曇野再彷徨記1 »