« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月の13件の記事

2006.01.31

英国便り5

今日は作業後にホテルで昨日見てきたロンドンの紹介でも書こうかと思っていたのですが、緊急事態発生です。
重大トラブル発覚で一時帰国&出直しの可能性が出てきました。大ピンチ!
今年もまた一寸先暗闇日々です。暗闇の中にはいつも幸せが入っていて欲しいと願うのですが、現実はなかなかキビシイですね。もう成り行きに任せるしかありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.29

英国便り4

朝起きたら雲ひとつない絶好の観光日和だったので気合いを入れ直して再度ロンドン観光にチャレンジしました。
昨日地下鉄が使えないことを知ったため、今日は空港とロンドンのパディントン駅をノンストップで結ぶヒースローエクスプレスという列車でロンドンに向かいました。地下鉄(片道£3.8)よりかなり割高(往復£27)なのですが、この際しかたありません。
パディントン駅からスタートしてロンドンの大半の観光名所を8時間ほど歩きっぱなしで強引に見て回ったので、ホテルに戻った時はもうヘロヘロのグッタリでしたがその分充実度の高い一日でした。

という訳で今日のところはこれまで。ロンドンの各名所の紹介はまた次の機会にします。

heathrow-express
これがヒースローエクスプレス。
日本では関空行きの『はるか』、成田行きの『成田エクスプレス』のようなものでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.28

英国便り3

イギリス滞在も今日で一週間。
週末は休みの予定が金曜にトラブル発生で土曜日も作業するハメになってしまいました。
でもとりあえず半日でキリがついたので、一旦ホテルに戻った後にせっかくだからロンドンに行ってみようとバスで空港まで戻り、地下鉄に乗ろうとあちこち迷いつつも何とか改札まで辿り着きました。でも何だか様子がおかしいのです。入り口に駅員か係員らしき人が立っており、地下鉄に乗ろうとする人に何やら言ってます。近寄ってみると看板に貼り紙がしてあり、週末は地下鉄閉鎖と書いてあるではないですか。ガク。
代わりのルートらしきものも書いてあるのですが、地下鉄で行く方法しか考えておらず、とっさの出来事に対応できるほどの英語力も知識もありません。なんかドッと疲れも出てきたので、ロンドン行きを諦め、空港を一回りしてまたホテルに戻りました。
明日、気力と体力が残っていればもう一度トライしてみようと思います。

Weekend_closures
ピカデリー線は今週末と来週末一部区間閉鎖だそうです・・・

<イギリスの通貨・物価>
お金の単位はポンドとペンスです。1ポンド=100ペンスで、1ポンドが約205円(06年1月現在)となります。
紙幣は日本のものよりも粗悪で、おつりでもらう紙幣はいつもクシャクシャです。
硬貨は沢山種類があり大きさも材質も様々。大きいコインが高いとは限らないのでとっさに細かいお金を払うには慣れが必要です。
高い順に、大きくて厚いニッケル→小さくて厚いニッケル→大きくて薄いニッケル→小さくて薄いニッケル→大きい銅→小さい銅、という感じです。(銀色の硬貨をニッケルと呼びましたが、もしかしたら違うかも)
物価は日本よりもかなり高めです。感覚的に2倍ぐらいかかる気がします。

<イギリスの言葉2>
同じ英語でもイギリスとアメリカでは使う単語が結構違います。こちらでよく耳にする言葉では、
エビ / prawn / shrimp
地下鉄 / underground / subway
フライドポテト / chips / ???
ゴミ / rubbish / trash
エレベータ / lift / elevator
などがあります。(日/英/米)

<イギリスの日照時間>
日本よりだいぶ北にあるので日照時間も多少短いような気がします。特に朝明るくなるのが遅くて、7時頃にようやく薄明るくなります。(1月末現在)
天気の良い日はかなり日差しがきつく、太陽の位置が低くて真横から日が差している感じなので、気温は低くて風は冷たいのですがギラギラまぶしくてジリジリと紫外線に肌が焼かれているような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.27

英国便り2

イギリス出張継続中です。
行動範囲が非常に限られているため、周りが外人だらけということを除けばあまり外国に来ている気がしません。こちらで苦痛なのは食べ物ではなく、言葉が聞き取れない、喋れないということ。これは外国に行くたびに痛感します。日本に戻った直後は英会話でも勉強しようかと思ったりもするのですが、いつも思うだけでなかなか実行できません。
まあそれはさておき、英国情報を少し追加しておきます。

<イギリス人の仕事ぶり>
イギリス人は日本人に比べ、あまり仕事熱心ではないようです。
昼は10時頃からなんとなく休憩モードに入り、2時頃まで現場で雑談したり食堂でくつろいでいたりします。
夕方も3時頃から作業完了モードとなり、雑談したり携帯電話で話したりしつつ4時頃には引き上げていきます。
5時過ぎまで作業をしようものなら、「もう終わるのか?」「早く、早く!」とせかしてきます。
よくこれで仕事が進んでいくものだと逆に感心します。

<イギリスの気候2>
数日間イギリスに滞在してますが、コロコロと天気が変わます。
朝晴れていたかと思ったら昼頃には曇ってきて雨が降るのかと思えばまた晴れたり、霧で視界が悪いかと思えば急に快晴となり遠くまで見渡せたり、と時間単位で天候が急変します。でも不思議と雨や雪は降ってきません。

・・・とりあえず、今日はここまでです。

UK_lunch2
エビ団子フライ+サラダ+ポテト添え定食 £3.5(=約720円)
定食には基本的にフライドポテト(英国ではchips)が付くようです。

controltower
現在建設中の管制塔。ここで仕事してます。
(ヒースロー空港にはこれを含め5つの管制塔があります)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.01.24

英国便り

出発前日の関東方面への降雪により飛行機の発着時刻が多少遅れましたが、無事イギリスに到着しました。
ホテルでは無線LANでのインターネット接続が可能(有料)で、そこからアクセスしてます。
今回の出張は現場が飛行機が到着したヒースロー空港にあるため、イギリスといっても空港と空港に隣接するホテルとの移動しかできない可能性大なのが悲しいところです。
まあしかし、せっかく遠い異国に足を踏み入れているので、狭い範囲ではありますが英国についての情報を少し。

<イギリスの気候>
日本よりかなり緯度は高いのですが、気温はほとんど変わりません。出国前に買った『地球の歩き方 ロンドン』によると、メキシコ湾から流れてくる暖流の影響で冬でも温暖なのだそうです。

<イギリスの電源>
AC230-240Vが標準のようです。ホテルのコンセントの電圧をテスターで計ってみるとAC233Vでした。コンセントの形も日本とは違います。事前に日本のコンセントとイギリスのコンセントの変換プラグを購入しておいたので、パソコンも問題なく使えました。
(パソコンのAC/DC変換器が100-240V対応のためにプラグ変換だけでOK)

<イギリスと日本の時差>
日本時刻マイナス9時間となります。日本と連絡をとる場合はこちらの早朝から昼頃でしょうか。
(イギリス6:00-12:00が日本15:00-21:00)

<イギリスの食べ物>
期待のイギリス食ですが、今のところ機内食とホテル近所のコンビニのマフィン、現場の食堂のランチしか食べていません。語るほどではありませんが一応ひとこと。
機内食(バージンアトランティック航空)・・・薄味で味気なく、パンは固くてパサパサ。
マフィン・・・少々甘過ぎでくどい。
ランチ・・・ベーコンがステーキ並みのサイズでボリューム満点。味付けはきつめ。

<イギリスの言葉>
当然英語なんですが、オーストラリアのいわゆるオージーイングリッシュに近い感じで、aを『エ』じゃなくて『ア』と発音します。(ヒースロー近辺の方言かも知れませんが)
(例) today は『トゥデイ』ではなく、『トゥダイ』

・・・ひとまず、こんなところです。

fuji
駿河湾上空より富士山を望む

narita
成田近辺は前日の雪で一面銀世界

UK_lunch
ベーコンの豆かけ+ポテト添え定食(?)+コーラ £4(=約820円)
ベーコンは直径20cm弱、厚みは5mmほどあります。

heathrow_view
ヒースロー空港の夜景(現場より)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.21

最後の晩餐?

明日から2週間ほどイギリスへ出張に行くことになりました。
イギリスは食べ物がマズいという話をよく聞くのですが、どれほどマズいのか身をもって体験してきたいと思ってます。
というわけで、今日はリッチに刺身盛り合わせを買い、日本最後(?)の晩は和定食となりました。

では皆様、しばしのお別れです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.01.15

オレンジケーキ

久しぶりにケーキを焼きました。
オレンジピールとオレンジリキュール入りのパウンドケーキです。
混ぜる作業に少々手間取りましたが、一応それなりに出来上がりました。
以前にも同じようなケーキを作ったことがあるのですが、このケーキは焼いた直後よりも数日経って馴染んだ頃の方がおいしいのです。
明日以降、少しずつ食べていこうと思います。

orange-cake
お酒が効いててオトナの味。コーヒーより紅茶の方が合うかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.14

雪の玉

ヴィーナローゼで新しいお菓子を見つけたので買って帰りました。
正式な名称は忘れてしまいましたが、日本語に訳すと『雪の玉』という名前のウイーンの揚げ菓子です。
白い粉砂糖がかかって名前の通り雪玉のようです。フォークを突き刺すとホロホロと崩れ、その破片はとってもかろやか。
どうしたらこの形を崩さずに揚げられるのだろうか?なかなか不思議なお菓子でした。

yukinotama1
元々はこんな形をしてますが・・・

yukinotama2
フォークを刺すとたちまちパラリと崩れます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.07

ボーリング大会

会社でボーリング大会&新年会が開催されました。
ボーリングするのは何年ぶりだろうか。元々あまりうまくないのでスコアは全く期待していなかったんですが、みんな似たり寄ったりで順位はひと桁台をキープできました。(といっても17名中の話ですが)
賞品は体脂肪計付きの体重計と温泉の素セット。健康に気を遣って頂いてありがとうございます>幹事さん

bowling

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006.01.06

仕事始め

今日から仕事始め。
うちの会社では毎年仕事始めの日に社長を先頭に社員全員が一言ずつ今年の抱負などを話すことになってます。いつも何を話そうかと自分の番が回ってくるまでに考えるのですが、今年は人形劇をやってみようと当日の朝に発作的に思い立ち、ぶっつけ本番でとにかく操ってみました。ところがシナリオを考えている間もなくて内容は全くなし、人前であがってしまい操作もムチャクチャ、と結果は散々でした。当然といえば当然なのですが。
まあ、でも少しは楽しんで頂けた(?)ようなのでよしとします。

・・・そうそう肝心の抱負を言い忘れてしまったんですが、今年は『攻める!』でいきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.04

帰省Uターン

実家から大阪に戻ってきました。
帰省時と同じく早朝出発作戦で、戻りもほとんど渋滞なしでした。

meisin
名神米原付近の雪もなんとかクリア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.03

同級生との対面

同郷の知人宅にお邪魔してきました。
昨年偶然にも4日違いで生まれた子供がいることを知って一度会いたいと思ってましたが、ようやく初対面できました。
友人の子はマツゲも長くて顔立ちも優しげ、抱かせてもらうと手足の感触もイモリよりもなんとなくソフトで、小さくてもやっぱり女の子、という感じでした。
コドモ同士はまだ寝ころんでいるだけでしたが、来年の今頃はお互い立って歩いてコトバらしきものを発しているかもしれませんね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.01.01

寒中お見舞い申し上げます

2006年になりました。
今冬は例年になく寒い日々が続いておりますが、個人的にはどうせ寒いならとことん寒く、暑いならおもいっきり暑くなった方が季節感があっていいんじゃないかと思ってます。
拙い内容ですが今年も行き当たりばったりの日々を細々と綴っていきたいと思いますので、皆様方本年もよろしくお願い致します。

kanchumimai
イモリも毎日頑張ってます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »