« Xmasイルミネーション | トップページ | BCG »

2005.12.14

現在上海事情2

昨年の春に来阪された上海の社長さんとの食事会に同席してきました。
上海はその後ますます発展しているようで、今回もまた様々な面白い話をお聞きすることができました。

○上海の鉄道
上海では地下鉄の整備も進んでおり、都心を中心に地下鉄の環状線が2つできるそうです。
その外側には地上の鉄道の環状線もあるとか。

○上海の道路
現在上海市の人口は約1700万人とのこと。そのうちの大部分が都心に集中しているために高速道路はいつも大渋滞しているそうです。またタクシーの運転が非常に荒く、とにかく飛ばすし、2重、3重の路駐は当たり前で交通ルールは完全無視状態で危険きわまりないようです。

○上海の港
上海は長江(揚子江)の河口にあるために海岸の水深が浅くて大きな港が造れないそうです。だから近くの島に港を造ってそこまで30kmもの道をつなげたそうです。
この道路は海上に造られているので真っ直ぐ通すこともできるのですが、運転手の安全のためにわざとカーブさせたりアップダウンをつけたりしているそうです。
このような大規模な工事も僅か7,8年で完成してしまうようで、中国の圧倒的なパワーを感じます。

○上海の不動産
社長さんは上海郊外に家(別荘)を買われたそうですが、建物+建物敷地400m2超+庭800m2超で3000万円程度だったとか。 ただし最近はまわりの環境も整備されてきており、もっと値段が上がっているとのこと。
上海(中国)では土地は基本的に国のものなので、土地を買うといっても権利を買うことになるそうです。土地の使用権は、住宅なら70年、企業用地なら50年、農業用地は無限に借りられるそうです。

○中国の川
中国で川は大きさによって5つに分類されるそうです。
 ・江:もっとも大きい川 (長江など)
 ・河:次に大きい川 (黄河など)
 ・川:その次に大きい川 (日本には江と河はないから全て川の字)
 ・渓:山の谷間を流れる川
 ・溝:いちばん小さい川

○ギョウザとワンタンの違いについて
ギョウザとワンタンは元々正月料理で、長江より北ではギョウザ、南ではワンタンが作られていたそうです。
日本でワンタンといえばスープの中に入っているものしか見かけませんが、本場ではギョウザと一緒で焼きワンタンとか蒸しワンタンなどもあるそうです。また具にあんこを入れた甘いワンタンもあるとか。
皮も小麦粉が原料なのは同じですが、
・ギョウザは丸形で皮の真ん中は厚くて端が薄い
・ワンタンは角形で皮の厚みは均等に薄い
という違いがあるらしい。
日本の餅みたいな存在なのでしょうか。正月に食べるところとか、丸餅とか角餅とか地域によって違うところ、雑煮にあん餅を入れる地域もありますし、よく似てますね。

・・・などなど。

|

« Xmasイルミネーション | トップページ | BCG »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30524/7646940

この記事へのトラックバック一覧です: 現在上海事情2:

« Xmasイルミネーション | トップページ | BCG »