« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004年6月の32件の記事

2004.06.30

セイロンベンケイソウ

家のベランダに植えているセイロンベンケイソウの葉っぱが1枚落ちたので、会社の机に置いてみました。
この植物は葉っぱからどんどん芽が出てきます。
一昨年の春に社員旅行で石垣島・西表島に行ったときのものが代替わりしつつしぶとく生き延びています。

benkei.jpg

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.06.28

ボクシング

川嶋の1RKOには驚きました。
徳山の防衛はもうしばらく続くんじゃないかと思っていただけに、あまりにもあっけない幕切れに唖然としました。一瞬で勝負がついてしまうボクシングの非情さを改めて思い知った試合でした。
最近は12Rまでズルズルともつれこんでの判定というパターンが多かったので、今回久々にボクシングを観たという感じです。明確な勝敗にスッキリというよりは衝撃を受けました。この試合の前にやったミニマム級タイトルマッチが出血多量ドクターストップでの判定という煮え切らない試合だっただけになおさらです。
徳山もまだまだやれるはずなので是非リベンジマッチを組んで欲しいところです。

<試合結果>
○WBA世界ミニマム級タイトルマッチ
 イーグル京和(角海老宝石)VS小熊坂諭(新日本木村)
  8R負傷判定 イーグル(初防衛)
○WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ
 徳山昌守(金沢)VS川嶋勝重(大橋)
  1R1分47秒TKO 川嶋(新チャンピオン)

<蛇足1>
久々に見た大橋会長の肥えっぷりも衝撃的でした。髪もおかっぱ風でどうみてもオタクです。元世界チャンプの面影もありませんが、こうして世界チャンピオンを誕生させるジムを切り盛りしているんだから大したものです。

<蛇足2>
最近、選手の恋人とか婚約者を登場させることが多いけれど、これはどうかと思います。試合前のエピソード映像だけならまだしも、川嶋の彼女なんか放送時間が余りまくったために無理矢理(かどうかは知りませんが)放送席に連れてこられ、マイクをグイグイ押しつけられてコメントを求められて固まってました。シロウトに無理をさせてはいけません。

<蛇足3>
放映中にWBCが自己破産申請したという話題にふれていましたがそんなことがあるんですね。ことの経緯を全く知らなかったのでちょっと調べてみると、裁判に負けて多額の賠償金(3100万ドル:約34億円)を払うハメになってしまったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

折りたたみ自転車

会社の人が折りたたみ自転車を買ったというので見せてもらいました。
英国製で"BROMPTON"というシロモノです。畳んだり戻したりするのがすごくラクチンで、5段変速機付き。泥よけ、ダイナモ、空気入れも付いています。少し試乗してみましたがそこそこ走れました。すぐに影響されるのでちょっと欲しくなりましたが、10万以上するので衝動買いというわけにはいきません。
長いこと倉庫で眠っている私の名車(?)ユーラシアも久々に復活させなくては。

brompton1.jpg
緑色のフレームが英国っぽくってイイ感じ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.06.27

ツマガリ

今日は昼から行く当てもなく車に乗ってさまよい、結局西宮のツマガリというケーキ屋へ向かいました。
ここへ行くのは久々(5年ぶりぐらい?)です2階の喫茶店でケーキ付きアフタヌーンティー&カフェを楽しみ、さらにいやしく帰り際にお持ち帰りケーキも2つ買ってしまいました。

<喫茶店での飲食>
いちじくのショートケーキ
 ・・・フワフワスポンジとあっさり生クリームでとにかく軽い!
ツマガリ
 ・・・イチゴのミルフィーユ風。パイ生地のチーズとアーモンドの風味が絶妙!
バターブレンドコーヒー
 ・・・焙煎時、豆にバターをしみこませているらしい。思ったよりストロング。
紅茶
 ・・・正体不明。(コーヒーメインのため紅茶は邪道扱い)
<お持ち帰りケーキ>
アップルパイ,ザッハトルテ風抹茶ケーキ

tsumagari.jpg
ツマガリ(上)といちじくのショートケーキ(左)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.26

休日出勤

久々に休日出勤しました。
時間が過ぎるのが早いこと、早いこと。
明日は休むぞ!(天気悪そうだけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.24

中日首位奪回

祝!巨人3タテで中日首位返り咲き!
もうその位で勘弁してあげたら・・・というぐらいメッタ打ちして完膚無きまでに叩きのめしましたね。
スカッと爽やか気分爽快です。スポーツニュースハシゴしてしまいました。

◎札幌ドーム中日-巨人3連戦の試合結果
6/22 中日 4-2巨人
6/23 中日14-3巨人
6/24 中日11-3巨人

<札幌シリーズ3連戦の蛇足>(Yahoo!SPORTSより)
年俸7億円のペタジーニがセーフティバントしました。(6/22)(もちろん失敗しました)
福留が打点57で打点トップに立ちました。(6/23)(6/24現在59)
立浪が打率.345で首位打者になりました。(6/24)
川相が中日に移籍後初安打(6/23)と初本塁打(6/24)を打ちました。
巨人が札幌シリーズで3連敗したのは58年ぶりだとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.23

今日のおやつ

今日のおやつは、チーズケーキ。
とっても簡単、混ぜるだけ。
風味付けはラムレーズンと、レモンの代わりにウワサのシークァーサー。

cheese-cake.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

平太郎化物日記3

ITOプロジェクトのホームページが更新されてました。
平太郎化物日記』出演者のコメントが掲載されています。
そこには一緒に糸あやつり人形を習ってた人たちも登場しており、羨ましさと悔しさを感じつつも芝居への期待感をさらに膨らませています。
公演まであと半月。自分が出るわけでもないのにドキドキしてきました。
興味ある方はぜひぜひ観に行ってください。チケット予約はこちらまで。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.06.22

今日のデザート

今日のデザートは実家から送ってきたメロンと杏仁豆腐の盛り合わせ。
メロンは何故かほとんど自分では買いません。最近はメロンといっても安いものもあるようですが、メロン=高価=贅沢=身分不相応というイメージが頭から離れないのでしょうか。他の果物ほどどうしても食べたい!という気持ちが弱いのかもしれません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.06.21

台風6号

昼過ぎに風雨が強まり、久々に直撃か?と期待(?)していたらそのまま静かになってしまいました。
台風、夕立、カミナリ、大雪・・・普通とは違う天気ってどうしてこんなにワクワクするんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.20

ミルフィーユ

今日は父の日ということで嫁さんの実家に行ってきました。
手ぶらでは何だし昨日釣った魚を持って行くことにしたのですが、内容的にはちょっと淋しいのでミルフィーユという店でケーキも買いました。久々に寄ったのですが相変わらずお客さんで賑わっており、夏に向けてゼリー,ムース系のお菓子を中心としたラインナップとなってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.19

筏釣りin音海

台風の接近を気にしつつ福井の音海という所へ釣りに出掛けました。
天気予報では曇りとなってたんですが、予想外の好天で暑いのなんの。
一応チヌ釣り用の筏に乗せてもらったんですが、本命は終日音沙汰なしでした。
朝方はアジが回ってきていたのでとりあえずオカズ確保用としてアジを釣っていると、針に引っ掛かったアジを追っかけて青物が寄ってきました。そこで急遽釣った活きアジを泳がせていると、ホントにヒラマサ(※)が釣れてしまいました。ただ釣り上げたのは一緒に行った会社の人でしたけど。それを見て私も気合いを入れ直したのですが一度だけあったアタリでは糸を切られてしまい、その後丈夫な仕掛けにして再アタックしたもののそれ以後はパッタリとアタリがなくなってしまいました。
筏釣りは時間とお金が掛かっている割にはいつも釣果が上がらず、期待に胸を膨らませて進む行きに比べ帰りはグッタリです。追い打ちをかけるように途中から大雨となりましたが、マイベストを聴きつつノスタルジックな気分に浸りながら帰途につきました。
(※)よくよく見るとヒラマサではなくブリ(ハマチ級)のようでした。

釣れた魚:マアジ,マルアジ,イトヒキハゼ,ブリ(ハマチ),カワハギ,ウミケムシ

otomi.jpg
本日の釣果(3人分)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.18

発作的ベスト

明日の釣り道中用に発作的マイベストCDを作りました。
先日観た映画の影響で80年代中心のラインナップです。

< Hossa Best 2004 Summer >
01.サムデイ (佐野元春)
02.つ・き・あ・い・た・い (RCサクセション)
03.風唄 (森山直太朗)
04.そして僕は途方に暮れる (大沢誉志幸)
05.LET'S GO GARAGE (モッズ)
06.バスルームから愛を込めて (山下久美子)
07.木枯しに抱かれて (アルフィー)
08.桃色吐息 (佐藤隆)
09.緑の日々 (オフコース)
10.終わらない歌 (ブルーハーツ)
11.HOLD YOUR LAST CHANCE (長渕剛)
12.レイニーブルー (徳永英明)
13.YAH YAH YAH (チャゲ&飛鳥)
14.チャンス到来 (バービーボーイズ)
15.ロビンソン (スピッツ)
16.街角トワイライト (シャネルズ)
17.流星群 (鬼束ちひろ)
18.旧友再会 (河島英五)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.17

世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ』という映画を観てきました。
邦画を観るのは久しぶりです。
封切りからだいぶ経っていて遅い時間(21:45~24:15)の上映にも関わらずお客さんは結構入ってました。(ほとんど若いカップル)
物語の大部分を占める主人公の青春時代の回想シーンは1986年という年代設定となっており、同世代の私は当時の音楽、カセットテープ、深夜ラジオ、焼きそばパン・・・それらひとつひとつに自分の過去がオーバーラップしてすっかり18年前にタイムスリップしてしまいました。それから、今の自分には恥ずかしくて言えないセリフや照れ隠しの行動、心の中から弾け出る喜び・苦悩。そういった思春期の激しく切ない思いを描いたシーンでは動悸が激しくなったり鳥肌が立ったりホロリとしたり、と思いっきり感情移入してしまいました。(これは毎度のことですが今回はその度合いが非常に大きかった)
ただラストはちょっと不満ありでした。ハッピーエンドで悪くはないんですが、過去から現在への切り換えがあっさりとしすぎているようで何となくスッキリしませんでした。私自身が過去の世界にドップリと嵌りすぎて上映終了までに現在に戻って来られなかったのかもしれません。
ということで万人にオススメできるかどうかは難しいところですが、青春のトキメキを忘れかけている30半ば世代は必見です。現在進行形の思春期世代もこれを観て熱く清らかな恋を実らせてください。心穏やかに落ち着いた熟年世代も自分の半生を振り返れるかもしれません。

<蛇足1>
主人公(大沢たかお)の高校時代役の森山未來が秀逸でした。顔はハニワ(※)で地味なんですが、こういった思春期役を演じさせたら光りますね。昨年のテレビドラマ『ウォーターボーイズ』以来気になっている俳優です。ヒロイン役の子もよかったです。二人の好演に大沢たかおはもとより今をときめく柴咲コウもかすんでました。
(※)我が家では一重まぶた人をこう呼んでます

<蛇足2>
この映画では台風の接近と共に現在と過去を行き来しますが、台風が絡む映画で思い出すのは『台風クラブ』ですね。こちらも青春モノですが少しアブノーマルなストーリー。この時は現役の思春期世代で、やっぱりドキドキしながら観た覚えがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.16

デザイン変更

またまた少しデザインをいじりました。
カキカキカエルに引き続き覗き見サンショウウオも登場です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラベンダー

日曜日に摘んできたラベンダーでこんなものができました。(カエル作)
まだ乾燥していない生(?)のラベンダーでないと作れない貴重なモノだそうです。
ラベンダーってほんとにいい香りがしますね。

rabender2.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.06.15

デザイン変更

ココログのデザインを少し変えました。
記事の見出しに画像を貼り付けてみました。
それから"ココログル検索"ができるようにしました。
でもなぜか自分のココログ内の文字は検索してくれない。何で?

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004.06.13

今日の買い物

神戸散策の行き帰りに買った物。
1.イスズベーカリーのパン
2.布引ハーブ園のハーブアイスクリーム
3.フロインドリーブ(カフェ)のサンドイッチ
4.コウベグロサーズの輸入食品
5.大山ハムのハムたち(梅田阪急)

・・・いやしく食べ物ばっかりでした。

herb-ice.jpg
ハーブアイスクリーム (ラベンダー & カモミール)
ハーブの香りはあまりわかりませんでした (^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

布引ハーブ園

神戸の布引ハーブ園というところへ行ってきました。
今日は梅雨の中休みらしくまるで5月のような爽やかな天気でした。空気も澄んでいて六甲山脈の中腹にあるこのハーブ園からはポートアイランドや六甲アイランド、建設中の神戸空港、淡路島、対岸の関西空港や紀伊半島方面までよく見渡すことができ、素晴らしい展望でした。
また今日は"ラベンダー収穫祭"(入園者は無料でラベンダーを刈り取って持って帰れる!)というイベントがあり、開始時刻の40分ほど前にラベンダー園へ様子を見に行ったのですが、既にかなりの行列ができていました。長蛇の列を見て一瞬怯みましたが、ラベンダーゲットは今日の来園目的のひとつでもあったので、しばらく並んで今が盛りの芳香漂うラベンダーをしっかりと頂いてきました。(ほんのひと握りでしたけど)
行きはロープウェイで登りましたが、帰りはテクテクと歩いて布引の滝などを眺めつつ下山しました。
この布引の滝は那智の滝、華厳の滝と並び日本三大神滝のひとつだそうですが、実は現在の滝の流れは上流の布引貯水池から人工的に放流されているそうです。滝の風上にもおけない邪道さに落胆しかけたのですが、滝の脇に掲げられた文字をよくよく読んでみると現在はダムの工事中で放流は行われていないようでした。とするとこの激しく流れ落ちる水は紛れもないホンモノ! 昨日までの雨で水量が増えているようで、それはそれは三大神滝の名に恥じぬ迫力でした。

※日本三大名瀑となると、那智の滝、華厳の滝は同じですが、もうひとつは袋田の滝(茨城県)になるそうです。

panorama
神戸港方面のパノラマ

rabender.jpg
満開のラベンダー畑

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.06.12

ワイパー交換

車のワイパーのゴムが切れかかっているのが少し前から気になっていました。
ゴムだけではなくブレードも錆びていたのでブレードごと付け替えました。ワイパーの交換は初めてだったので外し方も知りませんでしたが、意外と簡単でした。
気付いたら車検も今月で切れるみたいなのでまた点検してもらわねば。車を購入(中古ですが)してから7,8年ぐらい経っていると思うのですが、洗車もなしでずっと屋外で雨風にさらされながらも文句も言わずによく耐えてくれてます。
ご苦労様です。感謝(だけ)してます。>クルマ君

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.06.10

おせきもち

会社の人が京都出張の帰りに"おせきもち"を買ってきてくれました。
この餅を作っている和菓子屋は名前も看板商品そのままの『おせきもち』といい、京都南インターの近くにあります。
"おせきもち"は餅の上に粒あんを載せただけのシンプルなものですが、少し固めの餅の適度な歯応えと甘さを抑えた粒あんの素朴な風味がたまりません。類似品では全国的に有名な伊勢名物"赤福餅"がありますが、小豆は断然粒あん派の私としては赤福よりもこちらの方が好みです。
というわけで、おいしく頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.09

サッカー

ワールドカップ予選の日本対インドは7-0で日本が大勝しましたね。
ミスがなかったとは言えませんが、初っぱなのインドのミドルシュート以外は安心して観戦できました。いつもこのくらい点を入れてくれるとヤキモキせずに済むんだけど。海外組の中田も稲本も高原もいませんでしたがみんなよく頑張ってたと思います。ワールドカップ出場権取得まであと少し。世界の檜舞台で日本が奮闘する日を期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.08

中日-巨人戦

テレビ中継では9時頃までしか見ていなかったんですが、後でスポーツニュースを見ると中日が4点差をひっくり返してサヨナラ勝ちしているではないですか。元愛知県人で当然中日ファンの私は嬉しくなってニュースを3軒ほどハシゴしてしまいました。こういう試合は是非とも球場へ行ってナマで観たいものです。
しかし巨人が負けた試合の結果速報ニュースの短いことといったら・・・

今日の試合結果:中日6x-5巨人 (延長10回荒木サヨナラ打)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マヨネーズおかき

今日はとある講習会に出席するために久々に大阪の街へ出ました。
街中の人の多さに疲れました。これだけの人間が一体どこから来てどこへ向かうのか、いつも不思議に思います。
で、その講習会の帰り道、梅田の阪急デパートの地下でおかきを買いました。我が家のお気に入りで通称"マヨネーズおかき"と呼んでいるモノなんですが、正式名は珍々堂の錦マヨネーズといいます。かっぱえびせんをスリムにしたぐらいの大きさのおかきにほんのりとマヨネーズ風味がついていて、一口つまんでしまったが最後、もう止められなくなってしまうのです。
というわけで、しっかり300g入れてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.07

今日のおやつ

今日のおやつはリンツァートルテ。
シナモン、ナツメグの香りにラズベリーの酸味が効いてます。

linzertorte.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.06

本を買いました

久々に本屋に行きました。しばらく新刊をチェックしていなかったので読みたい本がいくつも出ていてどれにしようかと悩みましたが、あまり買いすぎてもツンドク状態になってしまうので厳選(?)して4冊にしました。
それにしても最近はめっきり本を読む時間が少なくなりました。たまに寝る前に読もうかなと布団の中で本を広げたりもしますが、すぐに眠くなってしまいます。頑張ってもせいぜい30分~1時間が限度です。中身がつまらないわけではなく、早く次の展開が知りたくてワクワクするような内容でもやっぱり眠くなってしまうのです。トシなんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.05

バーベキュー大会

今日は会社の駐車場でバーベキュー大会がありました。
梅雨入り間近にも関わらずカンカン照りの快晴でした。上からは直射日光、下からは炭火、そして体内からはアルコールという三重灼熱地獄の中、倒れそうになりながらもみんなでワイワイと楽しいひとときを過ごしました。
子供連れで来ていた人もいてその子等と一緒になって走り回ったのですが、子供というのはとにかく元気です。また会う度にその成長の早さに驚かされます。そして見た目は大人になっている今の自分がとってもイヤになったりします。でもやっぱり一緒になって遊んでしまうのでした。チカレタビ~(私語)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花咲かじいさん

茨木市のクリエイトセンターで「いばらき環境フェア2004」という催しがあり、糸あやつり人形劇団みのむしによる"花咲かじいさん"という人形劇が無料公演されるということで、観に行ってきました。
内容は誰もが知っている昔話にみのむしさんが多少アレンジを加えたもので、どちらかというと子供向けに作られたものです。
私自身はこの劇をみるのは初めてだったのですが、何年も前から全国各地で数え切れないほど公演を重ねてきただけあって人形の操作や語りは熟練の域に達しており、登場人物は糸で操られていることを忘れてしまうほど生き生きと動いていました。また木に登ったり空を飛んだりといった糸あやつり人形ならではの空間を使った動きも効果的に使われていて、私の周りにいた子供も舞台を食い入るように見入っていました。(後ろの方の席からはよく見えないのか奇声を発している子もいましたけど)
私もいつの日かこのくらい人形を遣えるようになりたいな~と思いつつ、その道の遠さも改めて思い知りました。さすがです。プロは違います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.04

ボクシング

テレビでボクシングのダブルタイトルマッチをやってました。
私は自分ではあまりしないのですがスポーツの試合を観るのは大好きなのです。中でも格闘技は一瞬で勝負がついてしまう緊張感がたまらず、今日も手に汗握りつつ画面に釘付けになってしまいました。
今回は二人の日本人がチャレンジャーとしてチャンピオンに挑みました。
坂田選手は最初から最後までかなりアグレッシブに攻めていたのでもしや・・と思ったのですが、テクニックではチャンプに分があり、そのあたりを評価されてか健闘空しく敗れてしまいました。
佐藤選手も判定までもつれ込んだのですがこちらは誰が見ても完敗でした。
最近は以前のように日本で行う試合も露骨な地元びいきで日本人が判定勝ちするといった納得のできない結果は出なくなりましたが、それでも判定というのはどうもスッキリしません。ファンのワガママでしょうが、やっぱり格闘技はKOでキッチリとカタをつけて欲しいものです。

<試合結果>
○WBA世界フライ級タイトルマッチ
 坂田健史VSロレンソ・パーラ(ベネズエラ) 2-0判定負け
○WBA世界フェザー級タイトルマッチ
 佐藤修VSクリス・ジョン(インドネシア) 3-0判定負け

?今日の疑問?
最近はボクシングの階級も随分と細分化されているようで、聞き慣れない階級が増えました。一体それぞれの階級はどれだけ体重差があるのか疑問を覚えましたので調べてみました。
軽い方は2kg弱刻みで分かれているようです。3階級制覇!という偉業が成し遂げられる日も近いのでは?

階級 キロ ポンド
ヘビー級 90.71kg以上 200ポンド以上
クルーザー級 90.71kg以下 200~175
ライトヘビー級 79.38kg以下 175~168
スーパーミドル級 76.20kg以下 168~160
ミドル級 72.57kg以下 160~154
スーパーウェルター級(ジュニアミドル) 69.85kg以下 154~147
ウェルター級 66.68kg以下 147~140
スーパーライト級(ジュニアウェルター) 63.50kg以下 140~135
 ライト級 61.23kg以下 135~130
スーパーフェザー級(ジュニアライト) 58.97kg以下 130~126
フェザー級 57.15kg以下 126~122
スーパーバンタム級(ジュニアフェザー) 55.34kg以下 122~118
バンタム級 53.52kg以下 118~115
スーパーフライ級(ジュニアバンタム) 52.16kg以下 115~112
フライ級 50.80kg以下 112~108
ライトフライ級(ジュニアフライ) 48.97kg以下 108~105
ミニマム級(ストロー) 47.61kg以下 105ポンド以下
(ワールドボクシング公式サイト「ボクシングJP」より抜粋)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.06.03

平太郎化物日記2

久々にITOプロジェクトのホームページを見にいくと、『平太郎化物日記』の進捗状況が更新されていました。
皆さん色々と苦労しながらも猛稽古に励んでいるようです。知久寿焼さん(元『たま』のメンバー)がナレーターをされるとか。
まだチケットも多少余っているようなので、興味ある方はぜひぜひ観に行ってください。私自身観てはいないのですが、超オススメということで間違いありません。
公演まであとひと月ちょっと。楽しみです。

(余談ですが、『たま』は2003年10月で解散したようです。でもメンバーは各々音楽活動を続けているみたいですね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.02

ラベンダー猫

ずるい目をしたラベンダー猫は、全部で5匹。
トイレをさわやかにします。

neko.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.06.01

ビッグフィッシュ

今日は映画の日ということで『ビッグフィッシュ』という映画を観てきました。
映画館に入ると上映10分前なのに観客は誰もいなくて、失敗したかな?と一瞬不安が胸をよぎりましたが、上演時刻に合わせてワラワラと人も集まってきました。最近は映画の日といえども座席指定制なので上演時刻ピッタリに入ればちゃんと座れてしまうので、前回上映中から並んで開場と共に猛ダッシュで席取り、といったあわただしい行動を取る必要はないのでした。
内容は具体的には説明しませんが、とっても幻想的かつ心暖まるストーリーで最後はちょっとウルウルきてしまいました。
前回観たスクールオブロック』とは全く毛色が違いますが、今回の作品もまた素晴らしいデキでした。オススメです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »